Dr.まあやのWiki風プロフ!出身や本名など年齢は?結婚はしておらず?画像あり 

アドニュースライターの小西です!

ここ最近、Dr.まあやと言うマツコ・デラックスも驚くド派手な脳外科医が話題になっています。(笑)

今回はWiki、出身、本名、年齢、結婚などネットで話題のワードに迫ります! 

また、Dr.まあやさんはド派手なだけならまだ良いのですが、体重102kgと言う巨漢。

医者として自己管理が全くできていない異常性にも驚きの声も。(笑)

そんなマツコも驚くファッションモンスター脳外科医の、Dr.まあやさんをご紹介します。

→永井理子のWiki風プロフィール!高校や出身校をチェック!画像あり

→藤岡真がTOKIOのラーメンをディスして炎上!作家の活動はどうなる?

Dr.まあやのWiki風プロフ、出身や本名は?

Dr.まあや Wiki 出身 本名 年齢 結婚 画像 

出典:http://topicstrendy.com/

Dr.まあやさんは本名、折居麻綾さんと言います。

1975年、東京都で生まれ、その後、岩手県で育ったそうです。

何故か、生まれ年を公開しているのに、月日を公開していない意味の判らない行動のため…。

恐らく現在は41歳か42歳になっていると思われます。

Dr.まあやさんは、経歴だけは凄いのです。

基本は地元岩手医科大学医学部を卒業しています。

その後、医師免許取得、慶應義塾大学外科学教室脳神経外科にも入局しています。

そこで10年勤務します。

Dr.まあやの年齢や結婚は?

Dr.まあや Wiki 出身 本名 年齢 結婚 画像 

出典:http://topicstrendy.com/

Dr.まあやさんの年齢は先程もふれたとおり、41歳か42歳です。

脳外科医のレジテントとして働き、37歳でファッションの道に入っていますので!

週4は医師、週3はデザイナーと言う生活では結婚は無理ですね。

公式にも結婚の情報はなく、102kgにまるで、きゃりーぱみゅぱみゅの様なファッション…。

男も近づいては来ないのでは?と思ってしまいます。(笑)

医師としても、デザイナーとしても、まだまだペーペーであると言えるDr.まあやさん。

今後も私生活を削って生きていく必要があるので、プライベートな時間は持てないでしょう。

そうなる時は、正にどちらかの道を諦めた時だけです。

もちろん、ダイエットも必要ですが・・・・。

Dr.まあやの脳外科医の実力はどのくらい?

Dr.まあや Wiki 出身 本名 年齢 結婚 画像 

脳外科医と言うのは、そう簡単になれるものではありません。

しかし、現在の医学会は望めば、おおよそ希望の学部に入れます。

Dr.まあやさんも志望して脳外科医になりましたが!

その実力は世界で活躍している脳外科医の日本人の医師を知っていれば、一目瞭然です。

脳の手術は通常の内臓の手術とは訳が違います。

Dr.まあやさんはたった10年程度で、ファッションの道にも入りました。

Dr.まあや Wiki 出身 本名 年齢 結婚 画像 

出典:https://scontent.cdninstagram.com/

脳外科医は年月ではなく、手掛けた症例の多さで決まるのですが、その数も少ないようです。

また、テレビにまで出るようになっては脳外科医としては、「肩書のみ」と言って良いでしょう。

真剣に脳の疾患と日々自分の生活を削ってまで、患者さんと共に闘っている医師に少し失礼なお話かもですね。

ファッションの世界に二足の草鞋で入ると相談した際も、二つ返事でOKと言うことは…。

その医局には必要のない人材なのだと考えて、間違いないでしょう。

恐らく、Dr.まあやさんはこれからファッションの世界に重心を置き…。

西川先生の様なポジションにつくために、Dr.であることを利用しているのに過ぎないかも?

簡単だと言われている「腹腔内視鏡」の手術でさえ、7から8度ベテランに付き添います。

それからはベテランの先生に10回程度、付き添ってもらい成功して初めて1人前になれるのです。

盲腸程度と言われる手術でさえそれだけの用心がいる世界で、難易度LV.100の脳外科医を二足の草鞋でできるほど甘くありません。

まとめ

いかがでしたか。

今回は脳外科医でファッションデザイナーと言う、異色のDr.まあやさんを紹介しました。

Wiki、出身、本名、年齢、結婚などのワードについて!

少しきつく書きましたが、脳外科手術を待っている患者さんは多く。

日本には世界的にも有名な脳外科医がいます。

彼らは、自分が過労で死ぬではないかと言う中で、人を助ける為に世界中を飛び回っています。

そんな現状をDr.まあやさんも、知らないわけがありません。

色モノとして生きるのは構いませんが、すぐにでも脳外科医の肩書は外すべきでは?と言う声もあります。

デザイナーなのか?脳外科医なのか?

これからの路線をしっかりと決めなくてはいけないでしょうね…。

large_1520322

この記事を担当したのは小西でした!

SNSでシェアをして頂けると今後の励みになります♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ