又吉直樹の夜を乗り越えるの売れ行きは?火花の印税は3億と言う噂!?画像あり

アドニュース、ライターの小西です!

又吉直樹さんは、お笑いコンビピースのボケ担当として活動。

今回は、夜を乗り越える、売れ行き、火花、印税などネットで話題のワードに迫ります!

何と言っても、又吉直樹さんを有名にしたのは、芥川龍之介賞の大賞を取った事です。

それまでは、目立った活躍はしておらず、コンビも相方の綾部祐二さんが先導していました。

そんな、作家としての又吉直樹さんを、掘り下げていきます!

→とにかく明るい安村が不倫を週刊文集に激写される!嫁とは離婚に発展する可能性も?画像あり 

→若林正恭は創価学会なの?彼女の噂や大学はどこだった?画像あり

又吉直樹の夜を乗り越える、売れ行きは?

又吉直樹 夜を乗り越える 売れ行き 火花 印税 画像

出典:http://www.crank-in.net/

作家、又吉直樹さんの新作

「夜を乗り越える」

が発売されました。

世間では、売れ行きに注目が集まっているようですが、果たしてどうなのでしょうか!

又吉直樹さんは1980年6月2日大阪府寝屋川市生まれの36歳。

身長は164cmと男性としては相当低く、血液型はB型です。

お笑い養成校NSC東京校5期生で、同期はNON STYLE、平成ノブシコブシなどです。

本人は大阪府出身ですが、両親は2人とも沖縄の出身。

そんな又吉直樹さんが、2015年にいきなり作家デビュー

又吉直樹 夜を乗り越える 売れ行き 火花 印税 画像

出典:http://shooty.jp/

そのデビュー作が何と

芥川賞の大賞を受賞

します。

この事が大きな騒ぎになり、すっかり世間一般に認知される様になりましたね。

その後はテレビ出演が突然増えましたが…。

お笑い芸人としてではなく、作家としてと言うスタンスでした^^;

コンビで出ても話題の中心は、又吉直樹さんの作家としての活動が中心になり!

相方には

「うちの大先生」

と呼ばれる始末です。(笑)

又吉直樹 夜を乗り越える 売れ行き 火花 印税 画像

出典:http://o.aolcdn.com/

それまでは、コンビは相方の綾部祐二さんが引っ張ってきたのですが…。

受賞後は綾部祐二さんはスッカリバーター扱いとなりました^^;

とは言え、綾部祐二さんはそれは、それでおいしいと思っている節があり!

卑屈に徹して笑いをとっていました。(笑)

一方の又吉直樹さんはと言うと、謙虚になろうとはしているのですが!

スッカリ大先生ぶりが板についてしまっています。

又吉直樹 夜を乗り越える 売れ行き 火花 印税 画像

出典:http://mimiyori-jyouhou.up.seesaa.net/

少しは自信がついたのか、以前よりは喋る様になりましたが…。

お笑い芸人として面白い事はほとんど言えていないのが実状です^^;

そんな又吉直樹さんの新作が2016年の今年、6月3日に発売されました。

今回は前回の様な小説ではなく、エッセイ、ハウツー的要素がある本です。

発売以降、小説とは違いとっつきやすいためか、売れ行きは好調の様です。

今回の作品のタイトルは

「夜を乗り越える」

と言うものです。

又吉直樹 夜を乗り越える 売れ行き 火花 印税 画像

出典:http://yondoku.jp/

基本的プロットは

・何故本を読むのか

・本を読むことで得られること

です。

序盤は又吉直樹さんの自叙伝的構成となっていようで。

また本との出会いや、敬愛する太宰治との出会いの話しになっています。

Amazonでは新書で800円前後、中古で300円前後でした。

又吉直樹さんが好きな人であれば、充分面白い読み物になっているのではないでしょうか^^

またまた、印税が入ってきて暮らしが良くなりそうですね。(笑)

又吉直樹は火花の印税でいくら儲けた?

又吉直樹 夜を乗り越える 売れ行き 火花 印税 画像

出典:http://pablo.click/

又吉直樹さんのデビュー作のタイトルは「火花」です。

お笑い芸人がデビュー作で芥川賞をとった作品として

近年では異例の240万部

もの販売部数になりました。

増版もあり、最終的にはもう少し部数は伸びていくでしょう。

書籍の場合、10万部も売れたら大ベストセラーと言えますので!

この数値は出版界においては非常に喜ばしいものでしょう。

では、この異例の販売部数で又吉直樹さん自身は

どれだけ印税で儲けた

のでしょうか!

又吉直樹 夜を乗り越える 売れ行き 火花 印税 画像

出典:http://www.sankei.com/

通常書籍は販売価格×部数の10%の印税と言うのが普通です。

ただ、新人の場合は出版社に足下を見られて

低いパーセンテージになる場合が多い

と言えます。

とは言え、それほど売れていないとは言っても…。

一応芸人である又吉直樹さんの場合は、出版社も足下は見なかったでしょう。

素直に10%の印税だったと思います。

今回の場合は、定価が1296円、部数240万部で

おおよそ31億円の売り上げ

になります。

又吉直樹 夜を乗り越える 売れ行き 火花 印税 画像

出典:http://4.bp.blogspot.com/

その10%ですから、単純に考えると

3億円超えの印税

が入る計算。

ですが、又吉直樹さん自身も語った様に!

吉本芸人であるために全ての印税を、手に入れる事は出来ないようです^^;

吉本は余程の大物芸人ではない限り…。

かなりのパーセンテージで中抜きをする事で有名。

まだ中堅にもなっておらず、お笑い芸人として人気を確立していない又吉直樹さんは…。

相当な金額を中抜きされた様です^^;

流石に50%まではとらなかった様ですが!

少なくとも30%は吉本に持っていかれた様です。(笑)

つまり、約3億円の印税ですが、又吉直樹さん自身の懐に入ったのは…。

2億円程度と言うことになります。

こうなると判っていれば、吉本を辞めてから作家活動をした方が良かったですね。(笑)

これで税金も引かれるとなると!

税金対策もしていなかったであろう

又吉直樹さんが手にしたのは1億数千万円

程度になってしまう訳です^^;

少し可哀想な気もしますね^^;

次回作は「30年以内」に書くと言う長いスパーンで見ている又吉直樹さんですから!

作家として儲けるのは厳しいかも知れません。

又吉直樹 夜を乗り越える 売れ行き 火花 印税 画像

出典:http://www.sankei.com/

今回は小説の内容そのものよりも話題先行で売れたのです。

作家としての本分を試されるのは、次回作以降になります。

「火花」自体も、販売部数とは反比例して内容には賛否両論ありますので…。

次回作が同じ様に売れるかは保証がありません。

作家として生活を確立していくなら、各方面の契約を見直していく必要がありそうです。

まとめ

いかがでしたか。

今回はお笑い芸人、作家の又吉直樹さんにスポットを当ててお送りしました。

夜を乗り越える、売れ行き、火花、印税などのワードについて!

これまでの活動を見ていくと!

お笑い芸人としてよりは

作家としての資質の方が将来的可能性がある

と言える又吉直樹さん^^;

30年以内などとは言わずに、どんどん執筆していくのが成功の秘訣になるかも知れません。

その際は、二足の草鞋ではなく、作家に専念した方が良いのではないでしょうか?

今後の又吉直樹さんの活動に期待して注目していきましょう^^

large_1520322

この記事を担当したのは小西でした!

SNSでシェアをして頂けると今後の励みになります♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ