桐谷美玲の彼氏は柳田悠岐?本名の瀬桜?読み方は?

アドニュース、ライターの小西です!

桐谷美玲さんは、美しさに定評があり、世界でもその美しさが認められる数少ない日本の芸能人です。

今回は彼氏、柳田、本名、瀬桜などネットで話題のワードに迫ります。

桐谷美玲さんは、女優、モデル、ニュースキャスターとして大活躍しています。

今、若手ではナンバー1の注目株です!

大人気の桐谷美玲さんについて掘り下げていきます。

→志田未来は神木隆之介と破局?歴代彼氏と噂されるのは凄い面々ばかり!画像あり

→岡副麻希と桐谷美玲は似ていない事が判明!脚や身長もチェック!画像あり

桐谷美玲の彼氏が柳田悠岐の噂?

桐谷美玲 彼氏 柳田悠岐 本名 瀬桜 読み方

http://www.officiallyjd.com/

桐谷美玲さんは1989年12月16日千葉県生まれの26歳。

桐谷美玲さんの身長は163.5cm、体重は何と39kg。

スリーサイズはB78、W57、H83です。

これだけ細いので、胸も小さいと思われていますが!

意外と大きいと言う意見が多い様です。

ネットなどの情報をくまなく探してみるとカップ数はCと言う意見が一番多いものでした。

女性芸能人の場合、体重やスリーサイズを詐称する人が多いのですが、桐谷美玲さんの場合は間違いなく本物でしょう(笑)

しかし、スタイル抜群と言えますが、スレンダー過ぎるので大丈夫?と言う声も上がっています。

好きなものはポケモン!(笑)

何となく可愛さが伝わってきます。

桐谷美玲さんの芸能界入りは高校1年生時の2005年です。

「千葉県No.1の美少女」としてスカウトされたのがキッカケです!

桐谷美玲 彼氏 柳田悠岐 本名 瀬桜 読み方

http://x21img.peps.jp/

桐谷美玲さんは高校1年生にして!

既に完成された美女

それがスカウトの目に触れたのです。

すぐに「春の居場所」で映画デビューします。

2006年も立て続けにドラマ出演。

同時にファッション雑誌「SEVENTEEN」の専属モデルとしても抜擢されます。

2012年には「NEWS ZERO」でキャスターも務め、怒涛の勢いで活躍しています。

また、アメリカの映画サイトTC Candlerが選ぶ!

「世界で最も美しい顔100人」に選出されます。

桐谷美玲 彼氏 柳田悠岐 本名 瀬桜 読み方

http://www.tccandler.com/

・2012年には12位に初ランクイン

・2013年には46位

・2014年には日本人最高位の8位!

さて、そんな桐谷美玲さんですが、この美しさでは周囲の男性は放っておかないでしょう。

さぞかしモテるのでは?と思います。

世の男性諸氏には残念ながら、これまで桐谷美玲さんの熱愛の噂は非常に多くあります。

桐谷美玲 彼氏 柳田悠岐 本名 瀬桜 読み方

http://aoba-mama.com/

まず最初に男性の影が見え始めたのが、男性とのツーショットプリクラの流出からです。

かなり、明確に写っているので写っている女性が桐谷美玲さんである事は間違いありません。

では、相手の男性は誰でしょう?

素人男性かと言う噂もでましたが、相手は俳優の瀬戸康史さんでした。

桐谷美玲 彼氏 柳田悠岐 本名 瀬桜 読み方

http://www.oricon.co.jp/

しかも、このプリクラは!

ファッション雑誌「SEVENTEEN」の企画

この企画は芸能人同士のデートの企画で、その際に写したものです。

その後、次々と豪華な面子が熱愛の相手として名前が挙がります。

・ジャニーズの亀梨和也さん。

・同じくジャニーズの藪宏太さん。

・次もジャニーズの藤ヶ谷太輔さん。

・更にジャニーズの大倉忠義さん。

・そして、俳優の笠原秀幸さんです。

桐谷美玲 彼氏 柳田悠岐 本名 瀬桜 読み方

http://prcm.jp/

亀梨和也さんとは、目撃情報もスクープもありません。

実は桐谷美玲さんが芸能界入り前に亀梨和也さんのファンだったと言うだけでした。

桐谷美玲 彼氏 柳田悠岐 本名 瀬桜 読み方

http://trendnews.tokyo/

藪宏太さんの場合は、美玲違いで藪宏太さんの噂の相手はモデルの『吉岡』美鈴さんでした。

桐谷美玲 彼氏 柳田悠岐 本名 瀬桜 読み方

http://snow-onyx.com/

藤ヶ谷太輔さんとはドラマ「シニカレ」で共演して知り合ったと言います。

ドラマ内でキスシーンなどもあり、熱愛では?と噂になりました。

こちらも目撃情報もスクープもありませんでしたので、一部のデマと言えるでしょう。

桐谷美玲 彼氏 柳田悠岐 本名 瀬桜 読み方

https://pbs.twimg.com/

大倉忠義さんともドラマ「100回泣くこと」で共演しました。

共演時は確かに仲良さそうに現場で過ごしていた為に噂になったのです。

こちらも目撃情報、スクープは全くなく、結局はガセネタだったと言えます。

桐谷美玲 彼氏 柳田悠岐 本名 瀬桜 読み方

http://livedoor.blogimg.jp/

ここまでは、ほとんどがデマに過ぎないものばかりでしたが、俳優の笠原秀幸さんだけは少し様相が違っています。

2人の出会いのキッカケはドラマ「夏の恋は虹色に輝く」での共演でした。

笠原秀幸さんが桐谷美玲さんに一目惚れでアタックしたそうです。

2人の場合は、デートの様子が写真に撮られています。

桐谷美玲 彼氏 柳田悠岐 本名 瀬桜 読み方

http://kiritanisashara.cocolog-nifty.com/

また、目撃情報などもあるので、2人の交際はデマとは言い切れません。

桐谷美玲さんの事務所はこの交際について「プライベートは本人に任せてある」否定はしなかったのです。

ただ、交際自体は長続きしなかった様です。

その後わずかで目撃情報もスクープも一切出ていないので、破局したものと思われます。

そんな桐谷美玲さんの最新熱愛情報は?と言うと・・・。

ネットを検索すると!

「桐谷美玲 彼氏 柳田」

このワードが2015年辺りから出てくる様になりました。

この柳田と言う名前には、あまり聞き覚えがないかも知れません。

調べていくと、この柳田と言う人は、野球チームソフトバンクホークスの柳田悠岐選手でした。

桐谷美玲 彼氏 柳田悠岐 本名 瀬桜 読み方

http://www.nikkansports.com/

出会いのキッカケはキャスターにもなった桐谷美玲さんがプロ野球のキャンプレポートをしていた時の様です。

ソフトバンクホークスに取材した際、注目の選手と言う事で柳田選手にインタビューをしました。

その際に柳田選手が桐谷美玲さんに「トリプルスリーを達成したら食事ご一緒して下さい」と冗談か本気か判らない話しをしていたのです。

そして、実際に柳田選手はトリプルスリーを達成したので、デートをしたのでは?と言われているのです。

しかし、実際にデートしたと言う話しはありません。

ましてや、桐谷美玲さんが柳田選手に好意があったかすら微妙な感じなのですから^^;

そして、柳田選手は実のところ!

2015年の夏に一般女性と結婚しています。

結局は、桐谷美玲さんとのデートの話しはジョークだったということです(笑)

2016年現在は、彼氏の噂はありません。

桐谷美玲の本名、瀬桜の読み方は?

さて、そんな桐谷美玲さんですが、この名前は本名なのでしょうか

実は桐谷美玲と言うのは芸名です。

では本名はどんな名前でしょうか。

本名の候補は2つありました。

1つは松岡 さや紗(まつおか さやさ)。

もう1つは瀬 桜(せ さくら)。

さて、どちらが本名なのでしょうか。

調べた結果、卒業アルバムなどの名前の欄に松岡さや紗の名前がありました。

桐谷美玲 彼氏 柳田悠岐 本名 瀬桜 読み方

http://www.nikkansports.com/

瀬桜と言う名前がどこから出てきたのかは判りません。

それにしても、松岡さや紗と言う名前も充分芸能人向きの名前の様な気がします。

本当に芸名にする必要があったのでしょうか。

こちらも調べてみると、事務所側が「松岡」と言う苗字に引っ掛かりがあったようです。

では、芸名をどうするか?と事務所の担当と考えていたところ、桐谷美玲さんが亀梨和也さんのファンと言うところでピンと来たのです。

亀梨和也さんが主演したドラマ「野ブタをプロデュース」と言うドラマ内の亀梨和也さんの役名が桐谷修二と言う名前だったのです。

桐谷美玲さんの芸名はそこから取ったとの事です。

名前の「美玲」の謂れは明確になっていませんが、桐谷美玲さんにとってはピッタリの名前ですね。

まとめ

いかがでしたか。

今回は女優、モデル、ニュースキャスターとして大活躍!

そんな桐谷美玲さんにスポットを当ててお送りしました。

彼氏、柳田、本名、瀬桜などのワードについて!

日を追うごとに、その活躍ぶりや、人気ぶりは好調で、右肩上がりの人気を得ています。

キャリアを積んで着実に実力もつけている桐谷美玲さん。

その活動の場は広がっていき、留まる事を知りません。

最近は、オンザ眉毛の髪型にして、これもまた高い評判を受けています。

今後の桐谷美玲さんの活躍がどこまで大きくなっていくのか、注目していきましょう^^

large_1520322

この記事を担当したのは小西でした!

SNSでシェアをして頂けると今後の励みになります♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ