木村拓哉ドラマ主演も女優選びが難航!竹内結子にようやく決まる!解散騒動で激痩せ?!

木村拓哉さんは、今更語ることも必要ないジャニーズの人気アイドルグループSMAPの中心メンバーです。

SMAPはご存知のように今年2016年がラストイヤーになってしまいました。

SMAPの解散は、一種の社会現象にまで発展しました。

今回はアイドル木村拓哉月9主演もヒロイン選びに難航!竹内結子にようやく決まる!解散騒動で激痩せ?!などの情報をお伝えします。

木村拓哉ドラマ主演も女優選びが難航!竹内結子にようやく決まる!

出典:http://soci-journal.com/

キムタクこと木村拓哉さんは、今や裏切り者のレッテルを貼られて、そのイメージを払拭することが出来ずにいます。

どうも日本の視聴者は勧善懲悪、二元論が好きなのか、そうした考え方しか出来ないのか、対立を煽る見方しか出来ないようです。

社会経験のある人間なら判るのですが、一般社会で言えば木村拓哉さんのとった行動は極めて当たり前のものです。

むしろ、離脱しようとマネージャーと結託して、会社に損害を出させようとすることは一般的常識ではあり得ないことです。

しかし、一旦右を向くと左を見ることが出来ない国民性ですので、イメージ復活は中々困難なことでしょう。

ですがそんなことも言っていられない状況が出てきました。

木村拓哉さんは解散直後の来年2017年1月放送の主演ドラマ「零に挑む(仮)」のヒロイン女優が決まらないのです。

木村拓哉さんサイドからは要望として綾瀬はるかさん、石原さとみさん、長澤まさみさん、北川景子さん、吉高由里子さん、満島ひかりさんなどの名前が挙がりました。

default_9f17466b512e933cc8610d2f0f337d34

出典:http://laughy.jp/

出典:http://topicks.jp/

出典:http://everyday-e-news.com/

出典:http://geinoujinmeiku.com/

正に年明け第1弾に相応しい顔ぶれです。

これらの女優さん達にオファーを出したところ、何と全員が拒否。

唯一、女優の竹内結子さんのみがOKを出していたのですが、こちらは木村さんサイドが固辞します。

理由は「バツイチ」のイメージを木村さんが嫌ったからだと言われています。

出典:http://laughy.jp/

「数字を持っている女優」、「題材に合う女優」となると他に合致する女優がいなかったそうです。

女優陣が出演を固辞したのは、木村さんが入る現場は木村さんのスケジュールが最優先なのです。

それでも、潜在的数字を持っていた頃の木村さんとなら共演しても損はなかったのですが、一連の解散劇でその潜在的数字を木村さんが失った今うまみがないと言う事なのです。

一部記者の中には「前マネージャーの飯島三智女史なら、事前に女優も根回ししてセット出来たはず」と言う意見も聞こえてきます。

ですが、これは飽くまでも「ジャニーズ事務所の飯島」だから出来たことです。

「ジャニーズ事務所を相手に謀反を起こした飯島」となれば、暫くは様子見と言うスタンスをとる芸能事務所がほとんどでしょう。

結局、同ドラマのキャスティングはヒロインも含めて急転直下決定しました。

ヒロインを務めるのは竹内結子さんです。

この他には、木村文乃さん、菜々緒さん、松山ケンイチさん、浅野忠信さん、山崎努さんなど豪華な顔ぶれが揃いました。

・こういう中居上げ、木村下げの記事くらい胡散臭いものはない

・木村はフジ以外に出演してる?フジは見ないから他局で見たいけどぜんぜん出てないよね?

・キムタクはもう一生遊んで暮らせる金があるから、このまま引退してもいいんじゃないいか?

・SMAPの首を一番締めてるのは他の誰でもない気の振れたオタだろう

・最近キムタク下げ記事多くね?筋を通したのはキムタクだろうに

・飯島さんが悪いよね、ぶっちゃけみんなきづいてるでしょ?

引用元

木村拓哉、解散騒動で激痩せ?!

出典:http://smap-tc2gq75e13gnja.com/

今回のSMAP解散騒動では、木村さん1人vs飯島女史+4人メンバーと言う構図になっています。

本人達がそれぞれどこまでそれを認識しているのかは判りません。

一般視聴者やいわゆるヲタの人達はこの二元論の構図を間違いないと決め付けています。

しかし、業界内では少し話しが違っているようです。

どちらかと言えば、「週刊文春」でのメリー女史のインタビュー以前に、独立を仕掛けたり、既得権益を守ろうとして攻撃的だったのは飯島女史だと言う声がほとんどです。

更に飯島女史がSMAPの育ての親と言う話も、全く違っているようです。

SMAPがスマスマと言う冠番組を持つことになった経緯は、バラエティ番組「夢がモリモリ」への出演とドラマ「あすなろ白書」での木村さんの好演がキッカケです。

「夢がモリモリ」の担当プロデューサーの荒井氏に頭を下げて起用を勝ち取ったのは、飯島女史ではなく、ジャニー喜多川社長なのです。

同じく「あすなろ白書」もジャニーさんが後のフジテレビ社長である亀山氏(当時プロデューサー)に頭を下げました。

この時に飯島女史は全く何もしていないと言います。

飽くまでスケジュール管理と鞄持ち程度の役割だったのです。

こうした経緯もある中、真実を語ることも出来ずに1人で悪者になっていることで精神に大きなダメージがあるのでしょうか。

ここ最近の木村さんは覇気がなく、痩せてきていると言われています。

激痩せ画像はこちら・・・。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp/

痩せ方も気になりますが、目に力が全くなく虚ろです。

現在は多忙なスケジュールをこなしている訳ではないので、この痩せ方は身体的なことからきているものではないでしょう。

やはり、相当のストレスと落胆があるのではないでしょうか。

まとめ

今回はアイドル木村拓哉月9主演もヒロイン選びに難航!竹内結子にようやく決まる!解散騒動で激痩せ?!などの情報をお伝えしました。

木村拓哉さんの2016年は、正に風評被害の1年だったと言えるでしょう。

まさか、憶測でしかない木村さんの裏切りでSMAP解散と言う説を、真実だと見なしてドラマのキャスティングにまで響いてくるとは世論とは実に恐ろしいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ