八木莉可子がポカリスエットのCMやドラマ時をかける少女に出演

売れる女優の登竜門とも言われているポカリスエットのCMで、
エール編に出演している美少女がどなたかご存知ですか?

本当にデビューしたてで今後が気になる美少女モデル、
八木莉可子(やぎ りかこ)さんの秘密に迫っていきます!

 

プロフィール

名前    :八木莉可子(やぎりかこ)
生年月日  :2001年7月7日(15歳)
出身地   :滋賀県
身長    :170cm
スリーサイズ:B79 W62 H86
活動期間  :2016年~
所属事務所 :エイジアクロス
趣味    :読書、音楽
特技    :書道(8段)、新体操

thumb-oricon-oric2070103-entame

出典:タロット チャネリング News Labo

 
いや~、お綺麗なモデルさんですね!

あ、プロフィールの年齢は打ち間違えた訳じゃありませんよ。
写真も貼り間違えていません。

こちらの写真は間違いなく莉可子さんですし、
莉可子さんは現在15歳です。
本当に信じられませんよね。

 

事務所が履歴書間違えたんじゃないかと思いますよね。

本当に15歳で間違いないんだそうです・・・

 

冨永愛さんのようなトップモデルの風格が
すでに溢れ出ている気がするんですけど・・・

 

海外で活躍中の世界に誇る日本人モデル

って言われても納得しちゃいますよね。
パリコレとか出てそうじゃないですか。

なのにデビューしたのは今年なんだそうです。

 

現在の所属事務所エイジアクロスが開催したモデルオーディション、
「#THE NEXT エイジアクロスモデルオーディション2015」に出場して、
応募者7851人の中からグランプリを受賞しています。

更にはパナソニック賞とvivi賞も同時受賞したため、
副賞としてviviの紙面にも登場しています。

 

そうしてモデル事務所への所属が決まり、
最初の出演作品がなんと

売れる女優の登竜門「ポカリスエット」のCM!!

しかもチョイ役とかではなく、主役で!!

 

最後のシーンの表情がめちゃくちゃ格好いいです。
もはや美少女じゃなくて美女です。

大幅に年下なのに実際に目の前にいたら、
ついつい敬語使っちゃいそうな風格です。

 

CM内では見事なダンスを披露していますが、
元々ダンスが出来るという訳ではなく、
撮影のために30時間を超える厳しいダンスレッスンを受けたんだそうです。

 

撮影にも4日間かけて、この素晴らしいダンスに仕上げたそうです。

八木莉可子さんもこれで成功させるんだぞと強い意志をもって撮影には
臨んでいたんではないでしょうか?

それにしても若干15歳でのメンタルの強さは凄いですね。

 

身長に既に170センチを超えていますのでもしかしたらこれからも
まだまだ成長していくかもしれません。

 

 

時をかける少女で見せる演技力!

2016年夏クールで放送が始まったドラマ「時をかける少女」。

主演は黒島結菜さんですが、
莉可子さんも大西敦美役として出演しています!

 

女優としてのお仕事はこれが初めての莉可子さん。
CMなども演技と言えば演技ですが、
出演していたポカリスエットのCMでは喋っていませんし、
時をかける少女で見せる初演技が気になりますね!

尾野真千子に似てる!?

こちらも2016年夏クールで放送中のドラマ
「はじめまして、愛しています。」に出演中の
女優の尾野真千子さんと莉可子さんが何やら似ているらしい・・・

という話を耳に・・・もとい目にしましたので、比較してみました!
おぉー・・・確かに結構似ていますね。

お年が離れていらっしゃるのでそっくりとはいきませんが、
年の離れた姉妹っぽく見えますね!

 

 

尾野さんの方が唇が薄くて目が切れ長ですけど、
他の部分はかなり似ていますよね。

一緒にいたら絶対家族だと思われますよね!

 

家族や性格などは ?

クールな感じに見える莉可子さんですが、
実は明るくてゲラな性格なんだそうです。

自分の長所には「明るくて目立ちたがり」と答えていて、
短所には「じっとしているのが苦手」と答えています。

 

井上和香の旦那の職業は?↓

井上和香の旦那の職業は映画監督?子供や母親は元女優だった?画像あり

 

あまりしっかりしていないため、
友達からはよく「アホ」って言われるんだそうです。

見た目は大人びていても、
内面はお年ごろの女の子って感じですね。

今はまだ莉可子さん自身のTwitterなどが無いため
私生活の様子などはあまり見えてきませんが、
今後人気が出てくるとブログやTwitterが開設されて
家族構成や普段の様子ももっとわかるようになるかもしれませんね!?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ