ELLYの高校時代の意外な経歴とは?喧嘩も最強の理由や熱愛報道も

今回は三代目J Soul BrothersのパフォーマーであるELLYについて書いていきたいと思います。

一見怖そうで何を考えているのかよく分からない雰囲気を持っているELLYですが、実はその外見からは想像できない意外な一面があるようです。

プロフィール

本名:エリオット・ロシャード・昂矢
生年月日:1987年9月21日
出身地:青森県
血液型:A型
身長:172cm

彼が三代目JSBに入るきっかけとなったのが、同じ三代目JSBのパフォーマーであるNAOTOとの出会い。

当時まだ大学生だったELLY。ダンスは好きでよく踊っていたけど趣味程度。その日もクラブでダンスを踊っていると、あるダンスチームが踊っていました。

そのダンスチームとはNAOTOが所属していた「SCREAM」。

彼らのダンスはELLYにとって衝撃的で、彼らのダンスを見て自分ももっと踊りたいという想いが強くなり、本格的にダンスを始めることになったそう。

その後2010年4月に劇団EXILE風組のメンバーとなり同年10月に三代目JSBのパフォーマーに選ばれます。

ELLYは劇団EXILEで活動していた時期があったんですね。

出典:三代目 J Soul Brothers最新情報局

高校時代の意外な経歴とは?

今ではダンス一筋といった感じのELLY。

その見た目からは想像もできませんが、実は甲子園を目指した高校球児だったんです。青森の県大会では準々決勝であの巨人の坂本勇人選手と対戦したこともあるんですよ。

ELLYは大学でも野球部に所属しプロを目指していたのですが、野球以上に打ち込めるものに出会い、その野球人生に幕を下ろす事になります。

そう、「ダンス」ですね。

大学から本格的にダンスを始めたELLY。

現在の彼のパフォーマンスを考えると、もっと昔からダンスをやっていたと思っていました。それほどに彼のダンスにはスゴいものを感じます。メンバーが口を揃えて言うのは「ELLYは天才肌である」ということ。

理屈よりも感覚でこなしていくタイプのようで、メンバーの直己さんはELLYのダンスについてこうおっしゃっています。

「踊りの才能はピカイチ、世界レベル。センスにあふれている」

ダンスのプロフェッショナル集団であるメンバーからも絶賛される程の腕前をもつELLY。

ELLYは三代目JSBの振り付け師も担当しています。あの大ヒット曲の「R.Y.U.S.E.I.」も彼の振り付けなんですよ。ダンスを本格的に始めてまだ数年で天下の三代目JSBの振り付けまで担当しちゃうなんて本当にスゴい才能ですよね。

喧嘩も最強?

もう見た目からしてELLYは喧嘩強そうですよね(笑)

三代目のメンバーもELLYに初めて会った時、その迫力から「ボコられる!」と思ったそうですよw(汗)確かにELLYは普段は明るくて陽気なキャラですが、黙っているとめちゃくちゃ迫力ありますもんね。

彼のあの迫力はどうも父親ゆずりのようです。

ELLYのお父さんはカーロス・エリオットさん。実はお父さん、元OPBFスーパーウェルター級のチャンピオンという経歴の持ち主。そりゃ強いわ(笑)

こんな強そうなお父さんの元で育ったELLYもきっと強いんでしょうね。

そんなELLYと昔、取っ組み合いの喧嘩をしたメンバーがボーカルの今市隆二さん。

 

山本優希の父親がお金持ち?↓

山本優希の父親がお金持ち?結婚相手の旦那は俳優の三浦力


喧嘩の原因は「どちらが三代目を愛しているか?」という微笑ましい理由だったそうですが、今市さんも「EXILEのガテン系」と言われるだけあって力ありそうですし、2人の喧嘩はかなり激しそうですよね。

ちなみにこの喧嘩を止めたのが同じくメンバーの直己さん。彼の鋭い眼光と筋肉ならこの2人も止められそうですね!?

MEGBABYと熱愛報道!

ELLYさんに熱愛報道がでたのが2015年3月でその気になるお相手はモデルとして活躍しているMEGBABYさんでした!
この熱愛報道は双方の事務所も黙認するほどの関係だとされてきましたが最近になって破局しているという噂が上がっているんですよね…

 

また過去にもELLYさんは2014年のミス・ユニバース埼玉代表の薗田杏奈さんや、モデルの大屋夏南さん、ELLYさんと同じ事務所であるAyaさんなどとも噂がありました!
MEGBABYさんとはなんとコンパで知り合ったそうです!

出会って早々にELLYさんがMEGBABYさんに一目ぼれしたんだとか…

それでも現在でも破局はしていなく交際は続いているようでMEGBABYさんをELLYさんの青森の実家に連れて行きご両親と引き合わせまで済ませているとの噂もあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ