真木よう子の身長体重や性格は?旦那と結婚から離婚!

2016年の1月からNHKで放送されている大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』に女優の真木よう子さんが出演しています!

精霊の守り人では得意のアクションを披露していて撮影終了後には総合格闘技を習い始めたことを告白しています。


私生活では元旦那さんとの離婚が騒がれたりもしましたが改めて調べてみました!

プロフィール

名前;真木 よう子(まきようこ)
本名:金森 蓉子
生年月日:1982年10月15日
出生地:千葉県印西市
血液型:A型
特技:陸上競技とワイヤーアクション
職業:女優、歌手
ジャンル:映画・テレビドラマ・CM
活動期間 :1999年 –
配偶者:片山怜雄(2008年11月 –
受賞歴:日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞、 日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞

身長体重や性格は?

真木さんといえば、華奢でいてちゃんと出るところは出ている!と、理想的なスタイルをお持ちです。

身長体重を調べてみると、身長は160㎝で、日本人女性の平均に近い身長でした。女優さんとしても、相手役の俳優さんとはバランスが取りやすい背の高さかもしれませんね!

 

そして気になる体重は、なんと40㎏!!!

テレビで見ている限りは、太ったと感じたことはないので、常に維持されているんだと思います!

真木さんの好きな食べ物が、豆腐やもやしなど、低カロリーのものが多く、ダイエットをしなくても自然に体型を保てるようです・・。

これは、真木さんの”美の秘訣”ともいえそうですね!

 

真木さんは4人兄弟で、兄と弟2人の中で育っています。

本人いわく、「男っぽい性格」なんだそうです!確かに、サバサバした感じはします。

ルックスとは違って、カッコ良さを感じる時がありますよね。そのギャップが真木さんの魅力なのでしょうね!

そして、

「自分でこうだと決めた道は、後悔せずに、誰に何て言われても突っ走る!」

とインタビューで語っています。性格は、本当に「オトコ前」ですよね!一人の時間を大切にしていて、好きな漫画を読んでいるのだとか。

真木さんは仕事を一番にしていて、その仕事を長く続けるためにも自分の心が戻れる場所を作っておくのだそうです。

出典:映画.com

 

演技が上手い?

真木さんは、業界でも、群を抜く存在感と演技力があると高い評価を受けているようです。

一方で、演技が下手という声もあるのですが、見る側の好き嫌い、賛否両論あるといったところかな?と思いましたがこれにはもう一つ理由が・・!

それは、真木さんの「役作り」にあるようです。

 

真木さんは、「憑依型(ひょういがた)」の女優とも言われており、まず台本を読み、演じる人物を理解し、納得してから自分の中へ叩き込んでいくそうです。

その役にハマると、どんなに難しい役でも演じきれるのが真木さんの強みなのですが、役が理解できない時には、感情移入が出来ずにセリフが棒読み、素人のような演技になってしまうところが弱点のようですね・・。

ただ、真木さんが出演する作品はここ近年急増していて、かなりの数をこなしているので、誰もが絶賛するような、安定した演技力を身につけていることは確かです。

真木さんのすごいところは、難しい役、演じたことのない役だと様々な試練や困難がつきものですが、真木さんは、「私は自分の思考を切り替えます」と逃げずに挑むそうです。

これから、どんな演技を見せてくれるか楽しみですね!

 

旦那と結婚から離婚!

真木さんは2008年11月に元俳優の片山怜雄(かたやまれお)さんと結婚2009年5月に女の子を出産しています。

いわゆるデキちゃった婚ですね。片山さんは真木さんと同い年。

出会いは、真木さんが俳優の瑛太さんと映画『サマータイムマシン・ブルース』で共演した時に、瑛太さんが親友の片山さんを、真木さんに紹介したのがきっかけだそうです。
瑛太さんと片山さんは、映画『ウォーターボーイズ』での共演がきっかけで仲良くなったのだとか。

 

木村拓哉が解散騒動で激やせ?↓

木村拓哉ドラマ主演も女優選びが難航!竹内結子にようやく決まる!解散騒動で激痩せ?!

 

しかし二人は2015年の9月に離婚してしまいました。

離婚の原因は、2人の「生活のすれ違い」によるものだといいますから真木さんのお仕事が忙しくなっていったことが一つの原因のようです。

子供も生まれていただけに育児はもっぱら旦那さんの担当だったようですね~

結局、子供の親権は真木さんが持つことになるとのことで今後はシングルマザーとして育てていくことになります。
結婚生活は6年10か月という短いものとなってしまいましたがこれもいい経験となったんじゃないでしょうか!?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ