バナナマン設楽統の年収やギャラは?性格についても!

設楽さんと言えばお笑いコンビのバナナマンとして活動しながら朝の情報番組で有名ですよね。気になる年収等について調べてみました!

プロフィール

本名:設楽 統(したらおさむ)
ニックネーム:カイザー、ラーシタ状態、リトル殿
生年月日:1973年4月23日
出身地:埼玉県秩父郡皆野町
血液型:O型
身長:175cm
最終学歴:埼玉県立秩父農工高等学校卒業
出身:渡辺正行の付き人
コンビ名 バナナマン
相方:日村勇紀
芸風:コント(ボケ)、ガヤ芸人
他の活動 :司会者、俳優
配偶者:既婚(1999年)
親族:娘

 

設楽さんは、父親の知人の紹介でお笑いタレントの渡辺正行さんの付き人をやってたんですね。
その頃、知人から「4人でお笑い絵をやろう」と誘われて、めでたく結成。現在の相方、日村勇紀さんとの出会いもこの時でした。

ですが、2回目の稽古でグループを見限って、設楽さんと日村さんが脱退し、バナナマンが結成されたそうです。
ブレイクのキッカケとなったのは、2006年のテレビ朝日『虎の門』の企画「いとうせいこうナイト 話術王決定戦」の第3回チャンピオンに選ばれ、
相方の日村さんも第2回のチャンピオンに選ばれており、コンビ揃っての優勝。この頃から、注目されだしたようです。

2009年、TBS『ザ・イロモネア』の企画「ピンモネア」で、史上3人目の100万円獲得を達成。
2010年3月放送のフジテレビ『IPPON グランプリ 春の陣』で優勝し、年末のグランドチャンピオン大会出場権獲得。

バナナマンとしても、ピンでも数々の番組に出演し、大ブレイクし、現在では帯番組の司会もできるほどの実力者ですよね。

設楽さんは1993年に活動を開始していますが、早くも1997年から俳優としても活躍していました。
初めの頃は、端役ですが、コツコツとこなしています。

2008年頃から、連ドラにも出演する機会が増えます。役どころは、刑事役が多いですね~。

2010年には、『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』で映画初主演も!

俳優としては、少しずつ活躍の場を広げて、今ではなくてはならない存在にまでなっています。

出典:マーブル

 

年収やギャラは?

2014年の有名人高額所得者ランキングで、見事に8位にランクイン!

一番稼いだ人ランキング
【タレント・文化人ベスト10】

1位 秋元康 25億円
2位 ビートたけし 15億8,000万円
3位 タモリで9億9,600万円
4位 明石家さんま7億9,200万円
5位 古舘伊知郎6億5,000万円、
6位 SMAP・中居正広6億4,000万円
7位 堺雅人3億8,000万円
8位 バナナマン・設楽統3億5,000万円
9位 宮根誠司3億円
10位 小倉智昭3億円
これだけの大御所の中に入ってくる設楽さんはすごいとしかいいようがありませんよね。

まさに「努力のたまもの」だと思います。

設楽さんのギャラは、「帯番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)が1本50万円。
5位の古館さんは『報道ステーション』の単価が1日250万円、10位の小倉さんは、『とくダネ!』の単価は1日120万円!
ギャラはコンビでは1本150万以上、1人では100万以上の仕事もあるそうですが、設楽さんがすごいのは、数をこなしてるというところです。

さらに、設楽さんは2年連続で番組出演本数1位にも輝いており、”チリも積もれば・・”で、コツコツと頑張った結果!
ネット上では、「兄貴分のとんねるずを超えてるの?」「有吉弘行やマツコ・デラックスより上なんだ」などと、驚きの声も出ているようですが、そのくらいすごい!ということですよね。

どんな性格?

設楽さんと言えば、”どS”のイメージしかありません。(笑)
自他ともに認める根っからの”どS”はいつからなのでしょうか?
設楽さんは、小学校の時から野球をやっていて、中3の時にはキャプテン、更には生徒会長も務めていますから、学校では結構目立つ存在だったようですね。

キャプテンになった3年生の時には「笑いながら何球もファウルボールを打って後輩に取りに行かせていた」という証言があり、設楽さんの”ドS”はこの頃からといえます!(笑)

 

有田哲平の嫁は誰?↓

お笑いタレント有田哲平がついに結婚!!合コン好きの過去の熱愛相手は?

でも、単なる”どS”なのではなく、年上のおぎやはぎには必ず「さん」付けするし(設楽さんのほうが先輩)、ブラックマヨネーズの小杉さんと初対面のときはちゃんと敬語で話してたといいます。

先輩からも可愛がられ、後輩からも慕われる礼儀正しいところがあるそうです。

設楽さんは、若手芸人のとりまとめ役ともいわれていて、日頃から横のつながりを大切にしていて、そのネットワークの幅がかなり広いそうです。
面倒見が良いんですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ