二宮和也の音楽的才能とは?佐々木希との関係!

『金曜ロードSHOW!』にて2006年のハリウッド映画『硫黄島からの手紙』が放送され、西郷昇陸軍一等兵役として出演している嵐の二宮和也さんに注目が集まっています。
二宮さんは、『硫黄島からの手紙』のオーディションを受けた際に、監督のクリント・イーストウッドに「類まれなる才能」と評され、二宮さんの役者としての才能を大きく開花させた作品にもなりました。

https://twitter.com/ars_nkh/status/825654798716280832
その後、国内でも数々の賞を受賞し、俳優としての地位を確立しています。

二宮和也さんといえば、トップアイドル・演技力の高い俳優といったイメージですが、今、二宮さんの音楽的才能が高く評価されているようです。

プロフィール

本名:二宮 和也(にのみや かずなり)
生年月日:1983年6月17日
出生地:東京都
血液型 A型
職業 歌手・俳優・タレント

1999年に『嵐』としてデビューしていますが、その2年前の1997年に舞台初主演をすでに果たしています。

「アイドル」の前に、もう「俳優」だったのですね。
その後は、『嵐』としての活動をしながら、数々のドラマや舞台に出演していますが、2003年に映画『青の炎』で映画初単独主演の際に、監督の蜷川幸雄さんから「繊細ないい演技ができるようになった」と評価されています。

 

https://twitter.com/ars_kn__7/status/825635064088195073

音楽的才能とは

二宮さんの音楽的才能と言われると、嵐の中でも歌唱力はあるけれど、どちらかというと俳優としての二宮さんを評価してしまいがちですが、二宮さんにはどんな音楽的才能があるのでしょう。

二宮さんは表現力も豊かで、特にソロパートでは存在感のある歌声を披露できるというのが強み。gooランキング編集部が「NTTドコモ みんなの声」にて行ったアンケート調査「歌がうまいジャニーズランキング」では、8位にランクインしているようです。(1位は大野智さん)

二宮さんの才能は歌唱力だけにとどまらず、ギター、ベース、ピアノ、ドラム、そしてブルースハープなど、あらゆる楽器を演奏できるマルチプレイヤーであり、作詞・作曲でも才能を発揮しています。

特に、二宮さんの作詞力は素晴らしいものがあり、ファンの多くは二宮さんの楽曲を「泣ける」「感動する」と高く評価していますが、物語性に富んでいて、創意工夫された詞の世界感なのだそうです。

俳優としての経験が二宮さんの表現力に磨きをかけているのかもしれませんね。

 

出典:マーブル

 

佐々木希さんとの関係は?

二宮さんと佐々木希さんは、2011年に交際が伝えられ、2012年の夏には破局が報じられましたが、2人の間にはまだ交流があるようです。

佐々木さんは連ドラ「黒服物語」(テレビ朝日系)で初ヒロインを務めることが発表されました。
2010年末頃から、バラエティ出演を減らし、本格的に女優へと転身していますが、「セリフを棒読み」や「台本を覚えてこない」といった声が現場から上がったり、ネット上でも批判的な声が多かったようです。

ここ最近は、「棒読みが多少まともになった」という意見や、セリフを覚えないという難点も改善されつつあり、現場からの悪評もあまり聞こえてこなくなっているそう。
連ドラの常連女優になりつつある佐々木さんですが、演技が向上したのは、二宮さんのアドバイスを受けてからのようです。

佐々木さんは、「黒服物語」(テレビ朝日系)ではキャバ嬢役を演じるそうですが、二宮さんの「演技指導」がどう活かされているのか、佐々木さんの演技に期待したいと思います。

お二人は、「復縁」はないのでしょうかね・・。それも気になるところです。

 

佐野瑞樹がジャニーズを卒業!↓

佐野瑞樹がジャニーズを卒業!現在は結婚や嫁はいるのか?画像あり

 

なんといっても二宮和也さんが所属しているのはジャニーズ事務所ですからね。中々、恋愛に関しては事務所としてもアイドルとして活動している以上は公には出来ないんでしょうね。

スマップが解散して嵐の重要性は増していると思いますので恋愛のスキャンダルは事務所にとっても避けていきたい問題だと思います。

今後は事務所のサポートや二宮和也さん本人にとっても私生活が問われることにもなってくるかもしれませんね!?
二宮さんが、業界内からも俳優として高く評価を受けている一方で、音楽に関してもマルチな才能を秘めていることがわかり、改めて、彼の出ている作品での演技や、彼が作詞・作曲する歌を聞いてみたくなりました。

もっともっと、その才能を発揮して、素晴らしい作品を生み出してほしいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ