清水富美加が不可解な暴露本をスピード出版!あまりの酷さに批判!

引退や「幸福の科学」への出家などで騒動になっている女優の清水富美加さん。

本人の声がいまだに聞けないまま現在に至ります。

「生命の危機」にあると言うことで、入院療養している状況での不可解な暴露本の出版が騒動を更に大きくしています。

今回は女優・清水富美加が不可解な暴露本をスピード出版!あまりの酷さに批判!などをお伝えしていきます。

女優・清水富美加が不可解な暴露本をスピード出版!

出典:http://tweez.net/

女優の清水富美加さんが、千眼美子の名義で暴露本「全部、言っちゃうね。~本名・清水富美加、今日、出家しまする。~」を出版しました。

本の内容はセンセーショナルですが、これまで清水さんの代理人弁護士が語っていたことを改めて補強したものになっています。

この本は1章「でも今日、出家します」、2章「死にたかった7年間、死ななかった7年間」、3章「私の生い立ち」、4章「ずっと幸福の科学」の全4章で構成されています。

12日の出家宣言以前の11日から「医師の立ち合いの元」インタビューされたものを文字起こししたとの事です。

出典:www.cinemacafe.net/

まずは、かいつまんでその内容を見ていきましょう。

何故、そんな中で姿を消したのか?何故、今、出家なのか?

日々、様々な疑問や情報、憶測や意見が飛び交っているのをまのあたりにし、それらにお答えしたく、全ての事を遺書を書くような思いで、この本に全託しました。

でも絶対、死にません。

いつか絶対に、完全復活します。

なぜなら・・・・。千眼美子

生々しい話もすると、本当に事務所をやめるとなると、映画もぶっちぎって、PRもしないとなると、最低でも数億円は違約金の中に含まれてくるんじゃないかって報道でも言ってましたけど、レプロに要求されるお金はおそらく私に来ると思います。

ぶっちぎってもいい。

人に迷惑かけてもいいから、まずは自分の命を守れって言ってくれる人が業界のどこにいるんでしょうか。

今、やめないと、ほんとに死にそうだったからです。

清水富美加で得たものはすべて捨てます。

とてもすっきりして軽くなりました。

悩みの種だった好きな人のことも忘れた。

タバコもやめた。

事務所からの給料は5万円、源泉税抜いて手元にくるのは約4万5千円でした。

実家だから、家賃も食事も支給されていませんでした。

食事などの生活費も全部自分で払わなきゃいけなかったから、本当に生活できない額で。

本当に社長のことを殺したいって思ったりします。

2016年に年収1000万円は確かにいただいてましたが、マネージャーさんは去年の純粋な売上見込みは1億円以上は稼いでいると思うよと言っていました。

引用元

更に続けて、「やりたくなかった仕事」、水着の仕事について言及します。

こんなこと言っていいのかわからないですけど、水着の仕事って言ったって、おかずですよね。

いざ握手会とか人前に行ったら、手がぬるぬるしているおじさんとかに、すっごい気持ち悪い握手のされ方をする。

この見知らぬおじさんが私の写真やDVDを観て家でなにしてるんだろうとか考えたらもう、ほんとに悲しくなって。

死のうとしてガムテープを口と鼻に貼ったんです。

高校2年生の夏頃にはいつでも自殺できるように自室の引き出しの中に、大きなカッターをしまっていた。

傷は今も右手首に残ってます。

引用元

このくだりについては、事務所云々よりもファン批判や、ファンの在り方にまで言及しています。

全ての人がよこしまな気持ちで見ている訳もなく、純粋にファンで写真集やDVDを購入している人もいる中、こうした妄想からの批判は人を人とは思わぬ言動でどうかと思います。

話に出てくる「おじさん」も純粋な思いを持ったファンかも知れません。

自分の意に沿わない相手だからと言って、この言い種は同情の余地すらありません。

出典:http://www.toonippo.co.jp/

こうした話を見ていても、清水さんは人間として欠落している部分があると言えます。

清水さんは言ってみれば、いわゆる「かまってちゃん」なのだと言えるでしょう。

「死にたい」と言いながら、全く死のうとしていない、自殺をほのめかしても結局はポーズだけで致命傷にならないように加減をしていると言うことが判ります。

こうした暴露本に対してレプロ側は「事実と異なる部分が多々ある」としながらも、現在係争中と言うこともあり、それ以上の反論はしていません。

こうした暴露本の出版に対してネットではどのような声が上がっているのでしょうか。

最初は同情していた人達も今じゃ呆れてるよ

なんか、本出しちゃうとか作為的。円満に辞める気ないよね?

どこから、見ても計画的じゃん

事務所側が被害者に思えてきた…

洗脳って本当に怖い

要は金だったということかな。計画的と言うか、常識ない人だっただけかも

本を書く元気があるなら映画の撮影頑張れよ

やっぱりちょっとおかしいのかな……

事務所が悪いのかなと思っていたがそうとも言い切れないと思い直しました

この子側にいた芸能人はどう思ったかな…(笑)

引用元

ネットでは清水さんのあざとさに呆れる声が多く上がっています。

清水富美加、あまりの酷さに批判!

出典:http://girlschannel.net/

異例の早さで告白本を出した清水富美加さんですが、これには大いに批判が出ています。

事務所や芸能界に関してのみの批判や暴露ならともかく、ファンへ対する暴言や水着写真やDVDは「おかず」と決めつける暴言などは看過出来るものではありません。

自分がいくら辛い目に遭ったと言えど、これまで応援してくれて来たファンがあってこそ現在の自分があるのです。

清水さんがこうした考え方を披露すると「幸福の科学」の教義も、何でも他者のせいにするようなものなのだと考えてしまいます。

出典:http://www.minp-matome.jp/

金銭的なことも本来生活出来ないのであれば、転職すれば良いだけです。

清水さんの言い分では完全な無いもの強請りと取られても仕方がありません。

また、1億稼いだから1000万円では少ないと言う不満も、契約も問題と言うだけで契約違反なら問題ですが、契約通りだとすれば事務所に落ち度はないでしょう。

「死にそう」と言う主張にしても、身体的なものならともかく精神的なものであるなら単なるわがままと取られても仕方がありません。

この告白本で、これまで清水さんに同情的だった意見もすっかり批判的なものに変わりました。

まとめ

今回は女優・清水富美加が不可解な暴露本をスピード出版!あまりの酷さに批判!などをお伝えしました。

自分達の主張を少しでも強化しようとしたのか、清水富美加さんが突然の暴露本出版をします。

しかし、その内容は極めて一方的且つ横暴とも言えるもので、擁護派もすっかり否定派へと変わってしまいました。

清水さんは暴露本の出版のせいで、むしろ窮地に追いやられた形です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ