木村拓哉がインタビューでSMAP解散に言及!紅白辞退の責任論も語る!

SMAP解散後、いち早くドラマ「A LIFE」に臨み、草なぎ剛さんとの視聴率戦争が騒がれた木村拓哉さん。

結局、前評判の悪さの割にはそれなりの視聴率を獲得、最終的には草なぎさんの「嘘の戦争」より高い視聴率を記録しました。

現在、映画「無限の住人」が公開され、映画はカンヌ映画祭でも上映されました。

今回は木村拓哉がインタビューでSMAP解散に言及!紅白辞退の責任論も語る!などの情報をお伝えしていきます。

木村拓哉がインタビューでSMAP解散に言及!

出典:http://www.suruga-ya.jp/

SMAP解散後、何をしても何を話しても悪くとられている木村拓哉さん。

ここ最近は映画「無限の住人」のPRの為か、精力的に様々なメディアでインタビューに答えています。

そんな中、今回18日放送の「報道ステーション」にVTRで出演し、独占インタビューに答えました。

もちろん、そのインタビューにも大きな反響と批判が噴出しています。

出典:http://dailynewsonline.jp

出典:http://dailynewsonline.jp

映画「無限の住人」は、SMAPの解散前にクランクインしており、映画の話から「撮影中はまだSMAPの木村さんだったんですよね?」と解散についての話に移行していきます。

このインタビューを受けるにあたって、「打ち合わせはいらないです。何でも訊いて下さい」と話しており、SMAP関係の話も事前にOKがあったと考えられます。

木村さんは解散した後、違った感覚があるかと訊かれ「去年までは、自分が漕いでいなくても、自分がちょっと力を抜いても動いていなくても、何か推進力ってあった気がするんですけど、2017年からは推進力は自分次第だなって思うようになった」と答えました。

更にSMAP解散阻止の為に、37万人もの署名活動があったことについても質問されます。

出典:http://minamura.jp/

「そういう気持ちを頂いたにも関わらず、状態としては今の状態になったので、何か逆に自分がこれから現場で表現させて頂く中で、そういう人達に対するお返しをしていかないといけないなって気持ちはありますね、正直」。

続けて「本当に皆さんの、色々な方々の一部にして頂いてたっていうのは本当に感謝しないといけないと思うし、その感謝をちゃんと体現していかないといけないなという状態ですね」と話しました。

これからのことについて訊かれ「これからは、もっともっと欲張りにアンテナを張って、感じるものをいっぱい感じないと。何かに秀でている訳じゃないので」とコメント。

ある種の謙遜にアナウンサーが驚くと、木村さんは明確な評価が自分自身で判る仕事ではないからと意味合いの答えをしました。

出典:http://like-channel.info/

このインタビューにネットではどのような反応があるのでしょうか。

◆またお前らが叩くのか 

◆出ていった奴らが100%悪いのになんで残ったやつが謝るんだよw

◆結局何が言いたいかさっぱりわからないインタビューだったなw 

◆カッコいいこと言おう言おうとして何言ってるかさっぱりわからなかった 

◆悪くないとは言わないが一番悪いのはあのババアだからな… 

◆中居もまだぐちぐち言ってるよ 

◆お前ら考えてみ?野球の監督が主力選手連れてチーム出て行くってなったらどう思う?

◆解散理由はなんだったんですか?ってストレートに聞けや

◆報ステよりもスマステでキムタクをゲストで呼んでほしい

引用元

出典:www.google.co.jp/

ネットでは何故木村さんだけが解散について語れるのかと言う批判と、当然と言う意見が半々です。

また「ステーション」繋がりでスマステーションに出演して欲しいと言う声もありますが、明らかに香取慎吾さんが拒否するでしょう。

木村拓哉が紅白辞退の責任論も語る!

出典:https://twitter.com/

木村拓哉さんは、このインタビュー以前にも「めざましテレビ」などのインタビューで紅白歌合戦の出場辞退について言及していました。

もちろん、この件も批判が噴出していました。

報道ステーションでも、これを受けて改めて紅白歌合戦の出場辞退について訊いています。

「何か不思議な感じはありましたね。変な話、大晦日にNHKホールにいないっていうのは凄い不思議な感覚でしたね」と木村さんは話しました。

出典:http://pinky-media.jp/

「めざましテレビ」のインタビューでは、「NHKホールにいたかったと言うか、沢山のお声だったりとか、NHKさんで関わっていた人達からの気持ちも実際に受けてはいたので、正直応えられないのが残念だなと思っていた」とも語っています。

この一連の発言に関しては、「他の4人のメンバー批判をしている」と非難の声が上がりました。

しかし、紅白の問題でも何が何でも1対4の図式にするのは的外れでしょう。

一説では、出場を固辞していたのは香取さんだけで、中居さんは説得にあたっていたとも言います。

出典:http://girlschannel.net/

稲垣吾郎さんや草なぎ剛さんは、成り行き任せでどちらでも良いと言う姿勢だったとか。

また、インタビューの内容を見ても「出たかった」と言うだけで、他のメンバー批判をしているとは言えないでしょう。

何かと批判ばかり出ますが、「自分がこうしたかった」と話すことは別段問題のない事ではないでしょうか。

こうした事まで、メンバー批判と捉えるのは被害妄想としか言えないでしょう。

まとめ

今回は木村拓哉がインタビューでSMAP解散に言及!紅白辞退の責任論も語る!などの情報をお伝えしました。

映画「無限の住人」の公開に合わせて、様々なメディアへの露出が増えている木村拓哉さん。

当然、聞き手はSMAP関連の話も訊きたいのは当然のことで、木村さんはそれに応じています。

要求に応えているだけにも関わらず、木村さんだけが解散に言及しているのはおかしいと批判が噴出しています。

しかし、他のメンバーが話したがっていると言う前提がない限り、全く的外れな批判だと言えますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ