本田圭佑の移籍先はオーストラリアかJリーグ?目が変わった原因

サッカーのイタリアセリエAのACミランに所属している本田圭佑(ほんだけいすけ)選手移籍がいよいよ話題になっています!

ミランからは今季限りでの退団が確実な状況となっています。そんな本田圭佑選手を獲得しようと日本のプロサッカーチームのJ1クラブ幹部が国内一流企業とチームスポンサー契約を締結する方針を明かしたんです。

 

この契約をすることによってJクラブ所属日本人の最高額の年俸となる2億4000万円を本田選手に提示していくんだそうです。本田圭佑選手はミランとの契約は今シーズンをもって満了になるために移籍金が発生しません。つまりどのクラブも移籍金0円で獲得できるんです!

 

そんな中、本田圭佑サイドと接触したJ1クラブ幹部は獲得に向けてH資金を確保したといいます!なんでも本田圭佑選手の獲得が実現すれば某有名メーカーがチームのスポンサーにつてくれることを約束してくれたんだとか…

 

本田圭佑選手には移籍金がかかりませんが年俸は税抜きで約3億円ほどということで実質は6億円の年俸をもらっているために裕福なクラブでないと獲得は出来ないんですが。

これまでのJクラブ所属の日本人選手の過去の最高年俸は1998年までV川崎(現J2東京V)でプレーした三浦知良選手の2億4000万円となっていますが本田圭佑選手がJリーグのチームに来た場合はその金額を超えるのでは?と噂されています。

最終的な本田圭佑選手の移籍の決断はシーズンが終わったオフになるとのことですので今年の夏は楽しみですね!

 

 

 

プロフィール

名前:本田圭佑(ほんだけいすけ)
出身地:大阪府摂津市
生年月日:1986年6月13日
身長:182cm

体重:74kg
所属クラブ:ACミラン

ポジション:FW / MF
職業:サッカー選手 / FCホルンオーナー

本田圭佑選手は地元の大阪市摂津市立鳥飼北小学校2年生のときに摂津FCに入団してサッカーを始めたのが最初でした。その後、摂津市立第四中学校に進学しています。

そしてガンバ大阪ジュニアユースに所属していましたがユースへの昇格は出来ませんでした。その後は石川県の星陵高等学校に入学をすることになります。

 

高校を卒業後はJリーグから複数のクラブからオファーをもらい名古屋グランパスと契約。開幕戦から先発出場を果たしています。翌年からはレギュラーの地位を獲得するなど順調に成長していったことがわかります。

 

2008年にはオランダ1部リーグのVVVフェンロに移籍2年後にはロシアのCSKAモスクワに完全移籍をしました。

2013年にイタリアセリエAのACミランへ完全移籍を果たしてビッククラブで10番を背負った最初の日本人プレイヤーとなりました!

 

出典:http://www.nikkansports.com

 

移籍先はどこ?

本田圭佑選手の2017年現在の状況はイタリアセリエAのACミランに所属していますが出場機会はなく完全な戦力外の状態です。その為にミランとの契約延長は行われていなく、この夏での退団が決定的となっています。
その為に次の移籍先の話題が次から次へと上がってきている状態なんです。中でも最初に上がったのはアメリカMLSに移籍でした。
最近ではJリーグへの復帰もニュースになってきていましたがここにきて新たにオーストラリアのチームに移籍するかもしれないと話題になっているんです。

その移籍先候補のチームにはシドニーFCとメルボルン・ビクトリーの名前が上がっています。

本田圭佑選手としての実力はもちろん評価されていますがそれ以上にアジアでのマーケティングも同じくらい重要な意味を持つとのことです。

アジアで影響力がある人物とされていますので本田圭佑選手が獲得したチームには新たなスポンサーがついたりプロモーション面やアジアでの知名度が高いことから獲得したクラブはかなりの恩恵も受けることになります。

清原和博の今後の行方は?↓

清原和博の後継人Aが突然の自殺!金ヅルが無くなった今後の行方は?

目が変わった原因は?

本田圭佑選手は目が変わったとネット上では話題になっています。原因は2012年の6月に本田圭佑選手が受けたレーシックにあるのでは?と言われているんですが…

 

しかし本田圭佑選手の担当医はレーシック手術が原因ではないと否定していて本田圭佑選手自身も否定しています。

 

 

 

しかしここにきて目の変化の原因は「バセドウ病」ではないか?と言われるようになってきています。バセドウ病とは甲状腺ホルモンの異常な分泌が起こっている病気で免疫機能が過剰反応してしまうことによって甲状腺ホルモンが過剰に分泌してしまうことが原因だと言われています。

 

 

そしてバセドウ病の特徴の一つとして「眼球の突出」が挙げられているんです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ