小日向しえのSNSが田中直樹との離婚で大炎上!!ようやく反論・反撃が始まる?

さる5月2 日に、電撃離婚を発表したお笑いコンビ・ココリコの田中直樹さんと小日向しえさん。

2人からは、離婚理由について明かされませんでしたが、元夫である田中さんが親権を手にしたことで、小日向さん側に非があると言う情報が広まりました。

そのことで、小日向さんのオフィシャルSNSサイトは大炎上してしまい、閉鎖に追い込まれるまでに至ります。

今回は小日向しえのSNSが田中直樹との離婚で大炎上!!ようやく反論・反撃が始まる?などの情報をお伝えしていきます。

小日向しえのSNSが田中直樹との離婚で大炎上!!

出典:http://neo-blog.com/

芸能界きってのおしどり夫婦と思われていた、田中直樹さんと小日向しえさんが急な離婚を発表し、世間を驚かせてまだ日がそれほど経過していません。

離婚に至った理由が明白になっておらず、更には男親である田中さんが親権を持つと言うことで、小日向さん側に非があると言われていました。

その為、真実かどうかも判らないデマが、あたかも真実かのように具体的内容まで含めてネットで拡散します。

その内容は・・・・。

出典:http://spotlight-media.jp/

「小日向が所属するバンドのメンバーと浮気するも田中に発覚。小日向が田中に『二度としない』と約束し謝罪した事で不問に付された。だが、小日向が不倫を継続し4月にその不倫相手の子供を妊娠し離婚となった」と言うものです。

これは、離婚発表直後にすぐにネットにアップされた投稿だった上、発信元がスポーツ紙を騙ったアカウントだった為に真実味が増したようです。

2人がどんな報道や噂が飛び交っても、無言を通し続けた為にどんどん拡散していったようです。

拡散していく上で、話に尾ヒレもつきどんどん悪質な話になってきて大炎上していると言います。

出典:http://moneytalk.tokyo/

もちろん、最終的には小日向さんに離婚した非があるのかも知れませんが、、「バンドメンバー」との浮気だけはあり得ない話です。

そもそも小日向さんが所属しているバンドはガールズバンドで、メンバーに男性はいないのです。

小日向さんのSNSの投稿に、子供を愛するものが多いと言う事は不貞を働いていない理由にはなり得ないのですが、バンドメンバーとの浮気だけは物理的に不可能なのです。

つまり、最初に持ち上がったデマに関しては100%虚偽だったと言う事だけは間違いない訳です。

出典:pbs.twimg.com

こうした話題にネットではどんな反応があるでしょうか。

◆結婚10年選手で家買って離婚はないよな 

◆父親に親権とられた時点で何言っても無駄 

◆何も語らずメディアも含めてフェードアウトしか方法はないよ

◆財産分与でがっぽりだと思う

◆家買って離婚なんだ。値段とか立地で揉めたのかな 

◆親権わたすからどうか別れてください、という感じだったのかもね 

◆家庭内の圧力で離婚なら親権取らないのはありえないよな 

◆本当に性格の不一致なら、小日向はまず不倫を否定すると思うんだが 

引用元

出典:http://pinky-media.jp/

ネットでは、「バンドメンバーと不倫」の話はともかく、親権の行方が田中さんと言う事で、具体的な内容はともかく、やはり小日向さんに非があるのだろうと言う論調です。

小日向しえ、ようやく反論・反撃が始まる?

出典:instagrammernews.com

そんな中、今度は田中直樹さんのモラハラが離婚の理由であると言う報道を「週刊文春」が報じました。

記事では芸能関係者や小日向さんサイドの知人が証言しています。

小日向さんの友人の話では次の様に離婚の理由を話しています。

真面目な田中さんは、仕事で上手くいかないことがあると、家族に極端に冷たくなるそうです。

時には食事や食器にまで文句をつけ、突然怒り出すようなこともあったとか。

出産後、ママタレとして活躍していた小日向ですが”理想の夫を持つ幸せな妻”と言う世間のイメージと現実のギャップに苦しんでいた。

次男が小学校に入学してから、小日向はストレス発散のため度々飲みに出るようになった。

外出をとがめられ、また喧嘩すると言う悪循環。

子供が成長するにつれ、自分の時間を持ちたいと思う彼女と、それを良しとしない田中さんの溝は深くなっていった。

田中さんも相当強く彼女に行ったのでしょう。

いつしか小日向は『怖い、顔も見たくない』と怯えるようになった。

引用元

出典:instagrammernews.com/

更に2人共通の知人の話では「田中さんが多忙な為に子育てに協力的ではなかった」と言います。

にも拘らず、お金の管理は田中さんがしており、そのことが不満だった小日向さんとの間で喧嘩が絶えなかったと証言しています。

ですが、今回の話はかなりおかしいところが多く、忙しくて子育て出来ない田中さんに親権が渡ること自体矛盾していると言えます。

また、世間のイメージと現実のギャップに苦しんだとありますが、小日向さんはそれほどママタレとしての活動自体が定着していませんでした。

出典:instagrammernews.com/

また、大人の小日向さんが怖いと感じるようなら、子供は田中さんに近寄らないでしょう。

しかし、田中さんと子供の関係はかなり良好だったと言えます。

怒りっぽい筈の田中さんに次男は寝ている間に、顔中に落書きをしたりしており、怖い父親相手に出来ることではないでしょう。

加えて、小日向さんがストレス発散の為に飲みに行くとありましたが、怒って怖いと感じる相手がいて、それでも無視して飲み行くと言うのも変な話です。

証言自体が小日向さんの友人と言う事であてにはならない話ですね。

まとめ

今回は小日向しえのSNSが田中直樹との離婚で大炎上!!ようやく反論・反撃が始まる?などの情報をお伝えしました。

スポーツ紙を騙ったTwitterアカウントの嘘の情報が拡散して、小日向さんは誤解され大炎上しました。

しかし、状況を見る限りでは、やはり小日向さんに非があるか、小日向さんが親権を拒否したかのどちらかであることは間違いなさそうです。

小日向さん自身によると、話し合いはまだ完全には終わっていないそうで、まだまだ予断の許さないところです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ