武井咲がドラマ「黒革の手帖」に主演で猛批判!女優開眼のチャンス?!

4月シーズンのドラマ「貴族探偵」に出演している女優の武井咲さん。

視聴率が悪い事もあって、女優業に対して全くやる気がなくなっていると報道されていました。

武井さんは周囲に「元々モデルをしたくて上京した」と漏らしているのですが、そんな中新ドラマへの出演が決定しました。

今回は武井咲がドラマ「黒革の手帖」に主演で猛批判!女優開眼のチャンス?!などの情報をお伝えしていきます。

武井咲がドラマ「黒革の手帖」に主演で猛批判!

出典:http://pinky-media.jp/

武井咲さんは現在4月クールのドラマ「貴族探偵」に出演しています。

視聴率が振るわずに、女優をやりたくないと事務所内で話しているとも言われています。

そんな武井さんですが、継続して7月クールのドラマ「黒革の手帖」への出演が決定しました。

このドラマは、ベストセラー作家の松本清張氏による同名小説の実写化です。

出典:takeiemi.seesaa.net/

同小説は、何度もドラマ化、舞台化されているヒット作品で、何と言っても有名なのは女優の米倉涼子さんが主演したドラマ版でしょう。

米倉さんの「黒革の手帖」は、2004年10月クールにテレビ朝日開局45周年企画として放送されました。

米倉さん版は、第1話の平均視聴率は17.4%、全話平均視聴率は15.4%と非常に好評でした。

武井さんは、女優をやりたくない、モデルがしたいと話しているだけあって、今回のオファーも「これだけの大作が自分に務まるのか不安で、やりたくなかった」そうです。

出典:www.google.co.jp/

「黒革の手帖」の大まかなストーリーは、「派遣社員として銀行勤務していた主人公・原口元子が、東京・銀座のクラブママとなり、のし上がっていく」と言うもので、主人公はとてつもない悪女です。

ただ主人公は悪女であるものの、一種のサクセスストーリーとも言え、女性の共感を呼ぶイメージの強い女優で、且つ演技に関しても女性の反感を買うものではダメだとと言えます。

そういう意味では、米倉さんの「黒革の手帖」は女性の共感を呼んで好評だったのでしょう。

もちろん、米倉さんのママ役を観たいと言う男性ファンも多かったようです。

出典:http://toyokeizai.net/

そんな悪女で且つ色気も求められる役に、武井さんがキャスティングされたことに、またもやゴリ押しかと世間では批判が上がっているようです。

そんな報道に対してネットではどんな反応があるのか見ていきましょう。

◆オスカーの力すげぇな

◆綺麗だと思うけど、黒革やるには若過ぎないか?

◆武井咲はクラブのママじゃなくてキャパ嬢ってイメージ 

◆23歳で銀座のママ役?ちょっときつくないか 

◆名作が台無し。御愁傷様

◆木村多江でみたかったなぁ 

◆主婦層に受ける感じじゃないのにな 

◆ゴリ押し娘って3人いたじゃん?あと一人は消えたの? 

引用元

出典:http://girly.today/

ネットでは、この役を演じるには若過ぎる上、似合っていないと言う声が多いですね。

また、事務所のゴリ押しと言う意見も出ています。

武井咲、女優開眼のチャンス?!

出典:talent-dictionary.com/

世間での評価はともかくとして、業界内では武井さんがこの役を演じるのは女優開眼のチャンスと見られています。

同ドラマは米倉さんの他に、これまで山本陽子さん、大谷直子さん、浅野ゆう子さんなど有名女優が演じており、女優歴のターニングポイントになっています。

オファー当初は戸惑いもあった武井さんですが、後に「これまでリアクション芸人みたいなお芝居が多かったから、もっとエッジの効いた役をやりたかった。今までとは一味違った役を出来ることが楽しみです」と前向きになっています。

武井さん自身も、女優のキャリアにとってこの役を演じることの重要性が理解出来ているようです。

出典:http://www.magabon.jp/

更に武井さんは「今回、元子と言う悪女を演じるということで、皆さんが抱く私のイメージも変わるかも知れませんが、その変化も怖くない、むしろそうならなくてはいけないと強く思っています」。

「このような大作に挑戦することに多少の戸惑いはありますが、勇気を出して一歩踏み出すことで1つ上のステージに引き上げて頂き、そこでどれだけ自分が頑張れるかが勝負なのかなと思います」と意気込みを語りました。

ここまでの女優人生で武井さんは嫌気がさしていたようですが、この役を演じることにやる気を見せています。

これまでと毛色の違う役を与えられることで、女優としてキャリアアップしていく人もいますので、武井さんのやる気が出たならこの選択はゴリ押しだとしても良いことなのかも知れませんね。

まとめ

今回は武井咲がドラマ「黒革の手帖」に主演で猛批判!女優開眼のチャンス?!などの情報をお伝えしました。

米倉涼子さんの当たり役、「黒革の手帖」の元子役を今度は武井咲さんが演じることになりました。

批判は多いものの、ここまで女優に対してやる気がないと伝えられていた武井さんが久しぶりに意気込んでいます。

7月クールからの放送ですが、武井さんがどんな元子を演じるのか楽しみなところです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ