フジテレビの久慈暁子アナのゴリ押しが始まる!ベテラン勢はないがしろに!

今年2017年4月に鳴り物入りでフジテレビに入社した久慈暁子アナ。

青山学院大学経済学部経済学科在学中から、フジテレビへの内定が決まっており、内定段階で既に大きな評判になっていました。

とは言え、今のところ目立った活躍をしていない久慈アナですが、7月3日スタートの「クジパン」に抜擢されます。

今回はフジテレビの久慈暁子アナのゴリ押しが始まる!ベテラン勢はないがしろに!などの情報をお伝えしていきます。

フジテレビの久慈暁子アナのゴリ押しが始まる!

出典:http://el-solitario.com/

フジテレビの「パン」シリーズは、新人女子アナからエース最有力候補を起用し、その後の道筋を作っていく番組です。

過去には高島彩さんの「アヤパン」、生野陽子アナの「ショーパン」、加藤綾子アナの「カトパン」など、全員がフジテレビのエース女子アナへと成長しました。

最近のシリーズでは、松村未央アナ、三田友梨佳アナ、山﨑夕貴アナ、三上真奈アナなどが担当しましたが、この時期の「パン」シリーズは失敗しています。

その為、「パン」シリーズは完全に1年間放送が見送られていました。

出典:http://seidentest.com/

正に期待の大型新人である久慈アナが入社したことで、「パン」シリーズが2年振りに復活と言う事になったのです。

しかも、第1回目のゲストが、フジテレビ時代には歴代人気No.1だったのではないかと言われているフリーアナウンサーの加藤綾子アナが出演します。

正に新旧No.1の激突と言う事になるようです。

出典:http://seidentest.com/

久慈アナは、大学進学と共に地元の岩手県から上京、フジテレビに入社する以前に街でスカウトされ、モデルやタレント活動をしていました。

2014年8月には「第45回non-noモデルオーディション」でグランプリを獲得、そのまま専属モデルとなります。

そうした経歴を持つ久慈アナだけに、入社前から大きな話題になっていたのも頷けます。

しかし、そうなると久慈アナが入社した年のフジテレビの入社試験はデキレースだったと言う見方もされています。

出典:www.google.co.jp/

フジテレビは元々女子アナをタレント扱いしており、ここ数年は加藤綾子アナがそのポジションを一身に担っていました。

しかし、加藤アナも退社しフリーアナウンサーに転向した為に、その次代を担う人材がいませんでした。

それなりに人気の若い女子アナはいたものの、どうしても小粒で大きな人気を得ることが出来ずにいたのです。

そこへ、入社したのが久慈アナと言う訳なのです。

出典:tarot-channeling.com/

この話題にネットではどんな声や反応があるのか見ていきましょう。

◆鳴り物入りで入社したけど映像見たら大して美人じゃなかった 

◆フジって過去を捨てられないんだね〇〇パンとか言う時代じゃねーよダサ 

◆社長と会長退いても全く変わる気ないだろこの局

◆カトパン去り後に看板がいないから看板に仕立て上げたいのか

◆フジテレビなんて誰も見ないのに…

◆カトパンと並んでも物怖じしない 

◆人材不足 

◆マジレスするとパンはパンツの略だよ。元祖がチノパンなんだから

引用元

出典:https://www.google.co.jp/

ネットでは久慈アナ云々よりもフジテレビの古い体質に強い反発があるようです。

久慈暁子躍進の陰でベテラン勢はないがしろに!

出典:http://healcipe.com/

そもそも、フジテレビの新人アナウンサーの初舞台は、「FNS27時間テレビ」でのスポンサー読み上げなのですが、久慈暁子さんは正に異例中に異例の抜擢となります。

この異常とも言える久慈アナへの期待の為に、意味もなくベテラン勢はないがしろにされてしまっているようです。

もちろん、これまでもフジテレビが期待を寄せるアナウンサーは、正にアイドルアナのみで実績のあるアナウンサーはそれまでどれだけ貢献してもいずれは閑職へと追いやられてしまうのです。

今回特に目立つ移動は、中野美奈子アナなどの同期である中村仁美アナの移動です。

出典:http://moogry.com/

現在、中村仁美アナはお笑いコンビさまぁ~ずの大竹一樹夫人でもあります。

若い頃は、中村アナもアイドルアナとして高い人気を誇っていました。

しかし、今や年齢も38歳、既婚者でもある為にベテランアナウンサーと言え、他局なら硬派なアナウンサーとしてそれなりのポジションにいる筈です。

ですが、フジテレビではベテランは表舞台に出る資格すら奪われるようですね。

出典:instagrammernews.com/

中村アナは今回の人事異動で「営業局営業企画部」へ異動となります。

結婚し、子供が出来てもかろうじてアナウンサーとして活動していましたが、今回の異動で事実上のアナウンサー引退となってしまいます。

更に、ベテランアナウンサーの春日由美アナウンサーも表舞台から消えるようです。

出典:http://www.sanspo.com/

春日アナは今回「広告宣伝部」への異動になるようです。

中村アナは、仕事をセーブしていた面はありますが、春日アナは2006年まで「とくダネ!」でサブアシスタントを務め、昨年まで「全力!脱力タイムズ」や「スポーツLIFE HERO`S」などを担当し、精力的な活動をしていました。

更に、報道やニュースなども数多く担当し、最も実用的なベテランアナウンサーと言えます。

春日アナにしても、その実力と経験値があれば他局でならまだまだ表舞台での活躍が出来たでしょう。

出典:http://www.sanspo.com/

こうしたベテランへの軽視や、若くてキレイなだけで重宝すると言うフジテレビの姿勢はやはり批判されて然るべきですね。

フジテレビはアナウンサーに限らず、適材適所と言う言葉を覚えるべきでしょう。

まとめ

今回はフジテレビの久慈暁子アナのゴリ押しが始まる!ベテラン勢はないがしろに!などの情報をお伝えしました。

今年4月に鳴り物入りで入社した久慈暁子アナウンサーに大きな期待が集まっているようです。

異例中の異例で、通常のデビューとは違い7月3日にフジテレビお馴染みの「パン」シリーズを担当します。

しかし、その陰で無為に閑職へと追いやられるベテラン勢がおり、それだけの活躍を久慈アナ出来るか注目のしどころですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ