千秋の再婚相手はイケメン!娘の年齢や学校も気になる!画像あり

アドニュース、ライターの小西です!

タレントの千秋さんは、もう皆さん既によくご存知でしょう。

今回は再婚相手、娘、年齢、学校などのネットで話題のワードに迫ります!

千秋さんはお笑いコンビココリコの遠藤さんとの結婚、離婚でも有名ですね!

最近はあまりに話題がないのか、再婚や子供をネタにし始めましたので…。(笑)

そこらへんを掘り下げてみましょう。

→仲川遥香の現在の年収は?卒業後にランボルギーニを買ったとか!?画像あり

→下野佐和子の髪は全身脱毛症だった?レスラーは継続するのか?

千秋の再婚相手はやり手プロデューサー?

千秋 再婚相手 イケメン 娘 年齢 学校 画像

出典:http://www.officiallyjd.com/

相手はテレビ関係と言っても、一般人ですので最初は隠されていましたが!

TBS局員のやり手、年齢から推測してバレました。

再婚に対しての世間の反応は…。

と言う感じでした。(笑)

千秋さんの再婚相手はTBS局員やり手プロデューサーの中島啓介と言う、ゴルファーのような名前の人です。(笑)

しかも、見た目もかなりイケメンで、千秋さんを選ぶ理由がさっぱり見受けられません。

千秋 再婚相手 イケメン 娘 年齢 学校 画像

出典:http://chyuo.blog.so-net.ne.jp/

やはり、千秋さんの結婚には実家の莫大な資産は無視できないのですかね。

でなければ、多感な子供もいる子供のような女性の魅力ゼロの千秋さんを選択する理由がないですから。

しかし、この報道もかなり千秋さんの方が遠藤への当てつけとして行った部分が強いようです。

元々の離婚の約束で、子供が中学を卒業するまではお互い結婚や熱愛は避けようと取り決めてあったそうです。

それが、先だってその約束を破る形で遠藤さんが若い女性と入籍したことにご立腹だったようで…。

「何故、あと数か月が待てない」

とお怒りだったようです。

しかし、遠藤さんをテレビで一方的にコキ下し、子供にもろくに合わせなかったのも千秋さんです。

ほとんど合わせてもくれない子供に気を遣えと言っても実感がないのは仕方がありませんし…。

できちゃった婚ですので致し方ないところはありますね。

この問題で、真に怒っていいのはお子さんだけで、そもそもが離婚しなければ済んだ話なのです。

感情の赴くまま勝手に離婚しておいて取り決めもクソもあったもんじゃありません。

それを言うなら、成人するまで仮面夫婦でもいいから我慢しようが正解なのではないでしょうか。

千秋の娘さんの年齢や学校は?

千秋 再婚相手 イケメン 娘 年齢 学校 画像

出典:http://stat.ameba.jp/

娘さんの顔は遠藤さんに似ているようです。

それがせめてもの救いですね。

性格はどうなのか知りませんが、外見上は遠藤さんはイケメンの部類ですから!

これは千秋さん本人も認めているようです。

時折、アップされる写真を見る限りは、幸福そうな笑顔が多くて安心します。

千秋 再婚相手 イケメン 娘 年齢 学校 画像

出典:http://genryu08.com/

娘さんは2003年の5月に生まれていますので、2016年現在まだ12歳と言うことになります。

今年の5月に13歳を迎えます。

難しい年ごろになる上に、両親ともども厄介な問題が持ち上がって実に可哀想な限りです。

千秋さんは公の場では娘さんを「イチゴ」と呼んでいるそうですが、厳密に「いろは」です。

「彩華」でいろはです。

読み方はともかく、美しい名前ですね。

学校などは明かされていませんが、やはり芸能人関係の多い「和光学園」に幼稚園から通っているようです。

現在は、堀越学園高等学校に次いで芸能関係に強い学校です。

しかも、エスカレーター式なので、上手に友人を作ることが一度できれば…。

その後はいじめなどに遭わずに済むので、理想的です。

ぜひ、親の勝手で不幸にはなって欲しくはないですね。

まとめ

いかがでしたか。

今回は何故芸能界で生き続けることができるのか、謎の人物千秋さんのことを調べてみました。

再婚相手、娘、年齢、学校などのワードについて!

元夫の再婚や、当てつけのような自分の熱愛など、子供を無視した行動が続いている状態ですが…。

離婚した以上、せめて子供は不幸にして欲しくないですね。

言葉だけではなく、ちゃんと実践して欲しいものです。

そのためには、時として仲良いふりをすることも大事ではないでしょうか。

今後の2人の動向に注目していきましょう!

large_1520322

この記事を担当したのは小西でした!

SNSでシェアをして頂けると今後の励みになります♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ