八木莉可子の通っている高校はどこ?出身や身長について!

「ポカリスエット」のCMで話題になった八木莉可子さんが2016年11月20日発売の『週刊ヤングジャンプ』47号の表紙と巻頭グラビアに登場しました!

 

ヤンジャンには初めての登場となったのですが存在感が感じられる撮影となったようです。

 
初登場となるグラビアはヤングジャンプで連載中の赤坂アカさんの人気漫画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』とのコラボ企画でヒロインの四宮かぐやをテーマに撮影。

その為、制服姿のコスプレを披露していてテニスウエアや弓道の道着姿の写真も掲載されています。

これでまだ当時は15歳と言いますから末恐ろしいですよね!

 

https://twitter.com/yagirikaco/status/902474853025890304

プロフィール

名前:八木莉可子(やぎ りかこ)
生年月日:2001年7月7日
出身:滋賀県
身長:169㎝
体重:不明
血液型:A型
所属事務所:株式会社エイジアクロス

多くのモデルが在籍する事務所エイジアクロスが初めて開催したモデルオーディションが行われたのですがそのグランプリに八木莉可子さんが選ばれました。
当時は若干14歳での現役の中学生での受賞でしたから凄いことですよね。

身長はなんと14歳にして170センチという高身長のことからかなりの存在感があったんじゃないでしょうか!?

グランプリ受賞の特典としてファッション雑誌「ViVi」や「VoCE」での誌面デビューや東京ガールズコレクションの出場ということもあるみたいなのでこれから事務所としてはじっくりと育てていく方針だと思います。

 

現在はまだ16歳ですから最初はモデルとして活動していってゆくゆくは女優業に挑戦していくかもですね!

出典:宣伝会議デジタルマガジン

通っている高校はどこ?

プロフィールでもご紹介した通り、現在16歳の莉可子さん。しかも最近16歳の誕生日を迎えたばかりなので高校1年生です。多分制服よりランウェイのが似合いますよね。

2年生の時には目立ちたいという理由で、生徒会長をやっていたんだそうですが、このルックスなら黙ってても目立ちますよね。

そこで通っている高校はどこなのか気になったので調べてみました!ネット上での噂では滋賀県にある近江兄弟社高校なんじゃないか?と言われています。

 

近江兄弟社高校は 滋賀県近江八幡市にあるプロテスタント系キリスト教主義の中高一貫校プロミネント、グローバル、国際コミュニケーション、アバンダントという4つの学科があります。

 

しかしこの噂も確定しているものではなくあくまでも噂の域は出ませんが八木莉可子さんが高校に通っているのは間違いはないです。

 

学校でもかなり大人っぽい存在なんだと思います。気になるのは今後の進路ですが芸能活動をしながら大学へと進学することにもなるんでしょうか?

 

市川紗椰とユアタイムで共演の野島卓アナに交際報道!↓

市川紗椰が「ユアタイム」共演の野島卓アナと交際!2人の関係は主従関係?!

出身や身長は?

さて、そんな中学生の莉可子さんですが身長はすでに170cm!!

女の子は中学生くらいである程度身長は伸び止まりますが、その後も伸びる子は結構いますし莉可子さんもまだ伸びる可能性ありますよね・・・
立ち方や歩き方こそまだぎこちないですけど、スタイルはもうモデルとして完璧に出来上がっているそうでスリーサイズもB79 W62 H86と高校生とは思えないバランスです。

 

ちなみに莉可子さんの出身地の滋賀県は過去に「美男美女の出身地ランキング」で最下位になっています。こんなダイヤの原石があるのに・・・!
これから身長等もまだまだ成長していく可能性がありますので将来が本当に楽しみですね!

ミスセブンティーン2016

多くの人気モデルや女優が所属していたティーン向けファッション誌「Seventeen」。このSeventeenで行われているコンテスト「ミスセブンティーン2016」のファイナリストに莉可子さんが選出されています!
ミスセブンティーンに選ばれた事がきっかけで、その後大成した女優さんやモデルさんは大勢いますし莉可子さんもこの結果は後の活動に大きく影響するでしょう。

そんな莉可子さんがやってくれました!
見事に応募者6103名の中から読者投票で選ばれた5名に中に入りセブンティーンの専属モデルに決定しました。物凄い競争率を勝ち上がっての専属モデルですので莉可子さんとしてもかなり気合が入っているでしょう。

 

今後はセブンティーンでのモデル活動に力をいれていくことになるでしょう。

早くも話題になりそうな予感がしてきますので今から注目はしといても損はないと思います!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ