東原亜希のデスブログが世界規模で発動の恐れ!過去のデス実績は?!

東原亜希さんは、タレント、モデル、キャスター、レポーターなどとして活躍していました。

2008年に柔道家の井上康生氏と結婚し、その頃から東原さんの公式ブログが「デスブログ」と言われ恐れられるようになります。

と言うのも、夫の井上康生氏は当時メダルを有力視されていた実力者だったのですが、東原さんと結婚、ブログに登場する度に不幸に見舞われ、メダルどころか初戦で敗退するなどの異常事態が発生したからなのです。

今回は東原亜希のデスブログが世界規模で発動の恐れ!過去のデス実績は?!など情報をお伝えしていきます。

東原亜希のデスブログが世界規模で発動の恐れ!

出典:https://ameblo.jp/

東原亜希さんの運営するブログは「デスブログ」として今や広く知られています。

予言をしていると言う訳ではなく、東原さんが「何か」を話題にすると、その「何か」が壊れたり、不幸になったり、無くなったりするのです。

この9月7日にも、東原さんがブログで「エアコンはつけっぱなしの方が安くなる」と持論を展開。

その結論として検証した結果を東原さんは「やっぱりオンオフするより断然安かった」と報告します。

出典:https://ameblo.jp/

すると「電気がヤバいのでは?」、「世界同時停電になるかも」などとちょっとしたパニックになるほどです。

ここで、更なる話題になったのは「電気がダメ」になる理由についてです。

今回、東原さんのブログ以前から、有史以来でも最大級の「太陽フレア」が発生することが判明していました。

その為、東原さんの「電気関係」の投稿は、「太陽フレアによる大惨事」を暗示しているのでは?と見られているのです。

出典:https://ameblo.jp/

太陽フレアは、これまでも発生した事が度々ありますが、これまでは懸念されているほどの大事は起きませんでした。

ただ、磁場を見出し電子機器に異常を及ぼす可能性があることは示唆されており、実際1989年にカナダのケベックで停電が発生しました。

ですが、太陽フレアの影響は大気の状態、すなわち大気圏や大気の層の状況で変化します。

もじ、大気層に穴が開いているところへ降り注げば、地上が燃え尽きる可能性もあります。

出典:https://twitter.com/

出典:https://twitter.com/

まさか、ここまでのことは流石に無いにせよ、東原さんの「デスブログ」に通じているなら、上画像の場面が現実になるかも?と恐怖を抱いた人もいたようです。

実際日本時間9月6日深夜に「X9.3」と言う恐ろしく大規模な太陽フレアは実際に発生しました。

アメリカなどでは警戒レベルは上から2番目のG4となっており、被害の起きる可能性は無いとは言えないそうです。

宇宙の出来事や世界的出来事が「ブログのせい」とされるのは名誉なことか、不名誉なことか微妙なところですね。

この話題にネットではどんな声や反応があるのか見ていきましょう。

◆(´・ω・`)これは! 

◆だから太陽フレアが来たのか

◆何が起こるんです? 

◆氷河期が来るんじゃないか 

◆つまり誰か死ぬってことか 

◆おいやめろ

◆死にたくない・・・・

◆そろそろ北朝鮮について書く頃だろww 

◆あ、地球終わった 

引用元

出典:https://ameblo.jp/

ネットでは、まだまだ終わっていない、これから大きな影響が訪れるのではとの危惧が聞こえてきています。

東原亜希、過去のデス実績は?!

出典:https://ameblo.jp

偶然と言えば偶然で片付けられるのでしょうが、それにしてはあまりにも合致し過ぎていると言われるのが東原亜希さんのブログです。

では、ここで軽く東原さんの「デスブログ」の実績を見てみましょう。

◎世界で敵なしと言われた現夫の井上康生氏が大きく期待を裏切り、アテネオリンピック4回戦敗退。

◎K-1グランプリでレポーターをしていた際に応援していた選手が1人残らず敗退。

◎ブログにうまい棒の話題直後、うまい棒工場延焼。

◎井上康生氏は入籍後、五輪代表から外れ、結果世界の舞台でほぼ活躍出来ずに引退。

◎東原さんが帝国ホテルでの披露宴を発表直後、帝国ホテル火災。

◎「鶴岡八幡宮」に訪れた事を報告、樹齢800年に鶴岡八幡宮のご神木が倒壊、神様にも勝利する。

◎「ipad入手を報告」、アップル社のジョブスCEOが突然の病気療養。

◎韓国人の知人の家に食事に行くことを報告すると韓国のロケット爆発。

◎イギリス留学決定するとポンドが暴落。

◎中国株の好調ぶりに言及した途端、最高値からの大暴落。

◎競馬予想38連敗。

◎本命馬が3回も骨折。

◎パンダの育児に言及、11時間後に当該子パンダ死亡。

出典:https://ameblo.jp/

正に恐るべしですね。

ちょっとばかり洒落になっていないところがスゴイとしか言いようがありません。

まとめ

今回は東原亜希のデスブログが世界規模で発動の恐れ!過去のデス実績は?!など情報をお伝えしました。

「デスブログ」で、多くの人物や会社などを地獄の底に叩き込んできた東原亜希さんです、今度は地球規模、宇宙規模の話にも発展しそうで多くの人が恐怖を感じたようです。

世界的大惨事が、「デスブログ」と本当に連動した場合、それこそ良い意味でも、悪い意味でもバイブルになってしまいます。

今後も地球の平和や身の安全のためにも東原さんの「デスブログ」に注目していかなければなりませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ