浜崎あゆみのインスタ発言に大批判の嵐!相次ぐライブトラブル!

歌手の浜崎あゆみさんと言えば、ここ最近何をしても批判の的にされてしまっています。

人気の凋落は確かにあるでしょうが、だからと言ってここまで非難を浴びる有名人もそうそういません。

現在、全国ツアー中の浜崎さんですが、「急性気管支炎」で宮城県仙台市でのライブを急遽中止した事で問題になっています。

今回は浜崎あゆみのインスタ発言に大批判の嵐!相次ぐライブトラブル!などの情報をお伝えしていきます。

浜崎あゆみのインスタ発言に大批判の嵐!

史上最多とも言われるロングツアー中の浜崎あゆみさんですが、長いスパーンでのライブと言う事もあり、何かとトラブルもつきまとっているようです。

ですが、ロングランと言えど、ユーザーにしてみれば1回のライブは飽くまで特別な1回のライブです。

浜崎さんにしてみれば沢山ある内の1回でしかないのでしょうが、足を運ぶファンとしては完ぺきなものを見たいと考えるのは普通の事です。

そんな中、浜崎さんが17日宮城県仙台市で行うはずだったライブを病気を理由に急遽中止にしました。

病名は「急性気管支炎」で中止にしたこと自体は仕方がない事なのか知れませんが、対応が誠実でなかったことが大きく問題視されているのです。

今回の中止は、正に「ドタキャン」と呼んでも構わないもので、ライブの開演時間20分前に発表されました。

つまり、ほとんどの観客が会場がある現地近くまで来ている状態の発表だった訳です。

これが、せめて4~5時間前であったなら、出かけると言う無駄な手間は省けたでしょうし、次の約束を入れることも出来ます。

もちろん、浜崎さんサイドは「ギリギリまで苦慮した結果」と言うのでしょうが、数パーセントでも中止にする可能性がある場合は、せめてファンに無駄足を踏ませないように考慮することが大切です。

しかし、批判が噴出したのはそのこと自体よりも、21日に千葉県で開催されたライブの30分前にインスタに投稿した浜崎さんの投稿にありました。

その投稿には「倒れたなら強く立ち上がればいい。壊れたなら作り直せばいい。ダメだったならやり直せばいい。行くぜ千葉ーっっっ!!!!!」と言うものでした。

しかし、仙台のファンにとっては、この投稿自体”盗人猛々しい”と言うものです。

こうした浜崎さんの投稿にどんな批判が上がっているのでしょうか。

◆価値のないライブを見に行こうとしてた奴が悪い 

◆感じ悪すぎる 

◆なんか落ち目になったのも良くわかるわ

◆まだライブに来るファンがいることに驚き

◆酷いな。酷すぎるな 

◆過労って何で?暇やんこの人 

◆こんだけ落ち目でもまだ応援してくれてるファンを平気で裏切るような奴

◆当日中止はファンに失礼すぎる

引用元

浜崎あゆみ、相次ぐライブトラブル!

浜崎あゆみさんの2017ツアーでの問題は仙台市の公演だけに留まりません。

9月16日に予定していた徳島県では台風の為にライブが中止になりました。

しかし、台風上陸は翌日だったにも関わらず、当日現地入りはしておらず前日早々に中止を決定したようです。

その当日、歌手の安室奈美恵さんは沖縄県で、同じく歌手の倖田來未さんは九州でそれぞれライブを開催していた事からファンの間で不信感が募りました。

10月22日兵庫県でのライブでは同じく台風で中止になるも、警報が発表されている中現地入りしていた浜崎さんはグッズ販売に登場するとSNSで発表。

ファンの危険回避の為の処置であった筈の中止にも関わらず、台風の中結果的にファンを会場に呼び危険な行為、ライブをしない意味がなくなったと大批判を受けました。

11月10日には大阪でのライブでは機材トラブルで開演が1時間以上遅れると言う不始末。

その為、3~4曲ほど曲がカットされ、遅延の分を延長することもなくほぼ定時に終了となり「返金を求める」声が多く上がりました。

これだけ長期にわたるライブツアーですので、体調管理がとても重要になってきます。

しかし、浜崎さんは仙台でのライブ1週間前まで海外でバカンスを楽しんでおり、プロ意識の欠如も甚だしいと更なる批判を浴びる結果となりました。

まとめ

今回は浜崎あゆみのインスタ発言に大批判の嵐!相次ぐライブトラブル!などの情報をお伝えしました。

開演20分前に体調不良でライブを急遽中止した歌手の浜崎あゆみさん。

2017年の全国ツアーは3章に分かれており、60か所もまわると言うハードなものです。

しかし、自分で決めた限りは、プロとしてプライベートを犠牲にしてでもやり切ることが必要です。

まだ、ライブツアーは続きますが、この先浜崎さんがどんな動きを見せていくのか注目していきたいところです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ