葛西紀明のオリンピック出場回数や海外の反応!!嫁や子供が気になる!

Pocket
LINEで送る

レジェンドと言われるスキージャンプ男子日本選手代表の葛西紀明選手。

45歳となった現在でも第1線級の活躍を続け、過去の実績での代表選出ではないところが葛西選手の凄さと言えます。

オリンピックだけではなく、ワールドカップへの出場回数も非常に多く、正に存在自体が記録的な人物と言って良いでしょう。

今回は葛西紀明のオリンピック出場回数や海外の反応!!嫁や子供が気になる!などの情報をお伝えしていきます。

葛西紀明のオリンピック出場回数や海外の反応!!

平昌オリンピックが始まり、様々な競技や選手が注目されています。

そんな中でも、”レジェンド”と言われる日本男子スキージャンパーの葛西紀明選手が例年に増して注目を浴びています。

今年には46歳になるにも関わらず、見事に代表を勝ち取り何と平昌オリンピックが8回目のオリンピック出場となります。

では、ここで葛西紀明選手のwiki風プロフィールを見ていきます。

名前:葛西紀明(かさいのりあき)

愛称:NORI、カミカゼ、レジェンド

生年月日:1972年6月6日(2018年現在45歳)

出身地:北海道上川郡下川町

世界ランク:2位

血液型:AB型

身長:176cm

体重:60kg

所属クラブ:土屋ホーム

使用メーカー:フィッシャー

引用元

葛西選手は、オリンピックに出場しただけではなく、結果もシッカリ残しています。

それでは、葛西選手の出場したオリンピック大会を見てみましょう。

・1992年 アルベールビル    

・1994年 リレハンメル       

・1998年 長野           

・2002年 ソルトレイクシティ

・2006年 トリノ

・2010年 バンクーバー

・2014年 ソチ

・2018年 平昌

この内、リレハンメルでラージヒル団体で銀メダル、ソチでラージヒル個人で銀メダル、同大会団体で同メダルを獲得しています。

オリンピック最多出場記録を持っている上に、メダルも獲っていると言う快挙を成し遂げているのです。

さて、そんな葛西選手に対して海外での反応はどんな感じでしょうか。

そもそも、「レジェンド」と言う異名は日本ではなく、欧州で付けられたものです。

更に海外では「神風葛西(KAMIKAZE KASAI)」とも呼ばれており、むしろ日本よりも海外での評価の方が数段高いと言えるでしょう。

オリンピックの出場回数も評価の要因ですが、葛西選手が評価されているのはベテランでありながら自分自身を徹底的に追い込むトレーニングをしているからです。

その成果として、フィジカルデータは日本トップクラスの数値を叩き出しており、世界でも有数の数値を出しているのです。

こうしたストイックな姿勢や競技への意欲が海外でも高い評価を得ていると言えますね。

こんな葛西紀明選手に対してネットではどんな反応があるでしょうか。

◆でもマジで金とったらどうなるんやろうな

◆そら国民栄誉賞よ

◆世界で1番飛行姿勢が綺麗で若手外国人選手からレジェンド扱いってマジなんか? 

◆いうても代表は実力なんやろ?充分凄いやん 

◆応援せなあかんな 

◆おもろいからメダルとってみてほしい

◆ヨーロッパじゃガチの有名人みたいやな

◆てか45で五輪出てる時点で相当すごいんちゃうん

◆経歴とか見ると普通にレジェンドやろ 

引用元

葛西紀明の嫁や子供が気になる!

そんな葛西紀明選手ですが、結婚はしているのでしょうか。

葛西選手は、ソチオリンピックでメダル獲得後、ケジメがついたとして交際していた玲奈さんにプロポーズ。

2014年の2月に結婚しており、今年で丁度4年目と言う事になります。

ある意味、今回の平昌オリンピックに向けて4年間2人3脚で頑張ってきたと言う事ですね。

更に2016年1月30日に第1子になる長女にめぐまれています。

長女の名前は璃乃ちゃんと言います。

子供が産まれて益々競技に力が入る事でしょう。

まとめ

今回は葛西紀明のオリンピック出場回数や海外の反応!!嫁や子供が気になる!などの情報をお伝えしました。

海外でレジェンド、カミカゼノリアキと呼ばれている日本男子スキージャンプ代表の葛西紀明選手。

スキージャンプの世界で45歳代表と言うのは考えられない偉業とも言われています。

次は最年長での金メダルを目指して欲しいところですね。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ