仲川遥香の現在の年収は?卒業後にランボルギーニを買ったとか!?画像あり

アドニュース、ライターの小西です!

仲川遥香さんと言えば、AKB48の下部組織JKT48の中心人物だった女性アイドルです。

今回は年収、卒業、ランボルギーニなどネットで話題のワードに迫ります!

仲川遥香さんは2016年、インドネシアに移住。

帰国しないまま年内で卒業することを発表しました。

前代未聞の卒業発表であったために話題になったとともに、その後もインドネシアに居住することも話題になりました。

今回は元アイドルユニットJKT48のメンバーだった、仲川遥香さんについてお送りします。

→村川梨衣の年齢は?高校と大学はどこ?かわいいと絶賛されている理由は!?画像あり

→八木亜希子がトイレを盗撮された?旦那や若い頃も気になる!画像あり

仲川遥香の年収は?ランボルギーニを購入?

仲川遥香 現在 年収 卒業 ランボルギーニ 画像

出典:http://naup.n.seesaa.net

元々JKT48は、初の海外アイドルグループとしてジャカルタに派遣されたグループです。

とは言え、本家のAKB48の総選挙に食い込んでくるメンバーはおらずに、上手い分配で出向したメンバーです。

そんな中、メンバーの中心の1人、仲川遥香さんがジャカルタを本当に好きになって日本に戻ってきた際に秋元さんに相談したそうです。

メンバーの中にいれば安心だし、色々な経験もできる、楽しいし安全だ、でもそれが自分だろうか、と。

仲川遥香 現在 年収 卒業 ランボルギーニ 画像

出典:http://blog-imgs-31.fc2.com/

そこで、ジャカルタを拠点に活動するようになり、事業も興したようです。

仲川遥香さんの現在の年収は2000万円とも3000万円とも言われています。

日本にいるなら多いとは言い難いですし、とても高級車は買えません。

しかし、ジャカルタの物価を考えると大富豪と言え、高級車を買っても負担は少ないでしょう。

案外ランボルギーニを買ったのも噂だけとは言い切れません。

ですが、運転できるんですか?

仲川遥香の卒業の経緯とは?

1992年2月10日生まれの24歳である仲川遥香さんは、卒業に関しては、良い悪い、どちらともとれる年齢です。

AKB48のメンバーでもあり、途中からジャカルタ中心に活動するJKT48の中心メンバーとして活躍していました。

もちろん生粋の日本人で、第3期メンバーに選出された古株です。

しかし、2012年にJKT48に移籍するまでに、総選挙では年々順位を落としていき、存在感がなくなってきました。

仲川遥香 現在 年収 卒業 ランボルギーニ 画像

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

その状況下では、もう単体のアイドルとしては売ることができないだろうとも言われるようになったのです。

ジャカルタで活動するうちに、自分の可能性について考えていき、総合プロデューサーの秋元氏に相談しました。

秋元氏は反対はしませんでしたが、それは仲川遥香さんの可能性によるものではなく…。

アイドルとしての不可能と限界が理由だったと思います。

結果、インドネシアに拠点をおいて、物珍しさに人気が出て、事業も今のところ成功しているらしい。

不可能を見出したからこそ、可能なことができた良い例と言えます。

まとめ

いかがでしたか。

今回は元JKT48のアイドル仲川遥香さんについて掘り下げてみました。

年収、卒業、ランボルギーニなどのワードについて!

アイドルとしては二流だった仲川遥香さん。

今の日本にいても、どんな職業であれ、現在のような生活はできないでしょう。

そういう意味では、日本人を珍しがってくれる海外で活動するのは利口なやり口です。

今後もそういう人は増えるかも知れません。

これからも頑張って欲しいですね。

large_1520322

この記事を担当したのは小西でした!

SNSでシェアをして頂けると今後の励みになります♪

4 Responses to “仲川遥香の現在の年収は?卒業後にランボルギーニを買ったとか!?画像あり”

  1. (^ν^) より:

    真相知ってます!

    • アンジョンファン より:

      たいしたもんだな総選挙でベスト2位以上の商品価値あり

  2. 匿名 より:

    色々と間違いがある記事ですね。

    ⚫︎JKTはAKBの姉妹グループではあるものの、下部組織ではない。
    ⚫︎現地に派遣されたのではなく、現地に作られたグループ

    記事にされるなら、もう少し調べて正確な事を書かれた方が良いかと。

    あと、彼女がインドネシアでうけたのは、日本人としての物珍しさは勿論あるでしょうが、本人も現地の言葉を覚えたり、(賛否はありましたが)ラマダンに取り組んだりと現地に馴染もうと努力した結果です。
    ただ日本人としての珍しさだけで勝負していたら人気は出なかったと思います。
    掘り下げとしても弱いのでは?

  3. かめきち より:

    なんと言いますか、もっとちゃんと調べてから記事にしてほしい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ