宇多田ヒカルが一般イタリア人男性と離婚!早くも新しい恋人の噂が持ち上がってる?

Pocket
LINEで送る

1998年に楽曲「Automatic」で日本中を衝撃に陥れた歌手の宇多田ヒカルさんですが、その後もJ-POPシーンを牽引し続けてきました。

今では珍しい100万枚超えのミリオンセラーを連発し、日本の音楽界に無くてはならない存在になりました。

反面、私生活では何かとトラブルに見舞われることが多く、落ち着いた人生は送れていないようです。

今回はそんな宇多田ヒカルが一般イタリア人男性と離婚!早くも新しい恋人の噂が持ち上がってる?などの情報をお伝えしていきます。

宇多田ヒカルが一般イタリア人男性と離婚!

宇多田ヒカルさんはデビュー曲で100万枚超えを果たし、一躍スターダムにのし上がりました。

母親は故・藤圭子さんで昭和の歌手として良く知られる存在です。

もちろん、宇多田さんは藤圭子さんの名前を遣ってデビューしたのではなく飽くまで「謎のJ-POP歌手」として売れ行きを伸ばしました。

人気が高まっていく内に、宇多田さんが藤さんの娘であることが知れ渡り、藤さんを知る世代は驚いたものです。

そんな宇多田さんですが、人気絶頂の2002年に映画監督の紀里谷和明監督と結婚しています。

2人の出会いは宇多田さんのPVを紀里谷監督がいくつも手掛けたことが縁になったようです。

「FINAL DISTANCE」、「traveling」、「光」、「SAKURAドロップス」など数多い作品を紀里谷監督が手掛けてきたのです。

それで意気投合した2人は、宇多田さんがまだ19歳だったにも関わらず結婚をしました。

しかし、2人の結婚生活は長く続かず約4年後の2007年に離婚していたと発表しています。

離婚から2年後には8歳年上の画家である福田天人さんとの交際が報じられますが、すぐに破局を迎えます。

その後、2010年に何故か宇多田さんは「人間活動」をしたいと謎の言葉を残して無期限休業に入っていきます。

結果的にこの休業では「一般人と同じ」ことをしたのではなく、どうやら単なる休業をそう呼んでいたに過ぎないようです。

この期間で宇多田さんは一般人らしかぬ行動でイタリアなどに居住していたようですが、そこで知り合ったイタリア人男性フランチェスコ・カリアーノさんと結婚していました。

ちなみにカリアーノさんは宇多田さんより8歳も年下だとか。

2015年には男の子を授かっているのですが、今年2018年に入ってからか、もしくは2017年なのか、知人などの証言によれば「数か月前に別れている」との事でした。

カリアーノさんにとっては離婚になったとしても、宇多田さんのお金で人生をステップアップ出来たようで利害関係で言えば問題ないのかも知れませんね。

こんな宇多田ヒカルさんの離婚報道に対してネットではどんな反応があるでしょうか。

◇ 無名画家とはどうして結婚しなかったんだろうな? 

◇ 結婚に向いてない人種だろ 

◇ 糖質は遺伝するからな…

◇ 宇多田もまたメンヘラ鬱になりそうだな 

◇どう考えても親の影響なんだけどな 

◇結婚する前から知ってた

◇結局親と同じ事して子どもを傷つけてて笑う

◇何がしたんだ?? 

引用元

宇多田ヒカルに早くも新しい恋人の噂が持ち上がってる?

そんな離婚騒動の中にあって、宇多田ヒカルさんに早くも新恋人の噂が聞こえてきました。

その相手は宇多田さんが初プロデュースをする小袋成彬さん。

プロデュースをするにあたり宇多田さんは「この人の声を世に送り出す手助けをしなきゃいけない、そんな使命感を感じさせてくれるアーティストをずっと待っていました」と言うほどの熱の入れよう。

多くの視聴者が、この言葉を額面通りには受け止めておらず、やはり何らかの関係性があるのではないかとうがった見方をしています。

前々の夫である紀里谷氏とも仕事の関係から発展して交際、結婚と繋がった経緯があるので、一緒に仕事することで距離が縮まるケースは充分考えられます。

今回は、既に恋人関係でプロデュースをすると言うケースだと考えられますが、この後どう発展していくかは不明です。

今後の経緯を見守っていきたいところです。

まとめ

今回は宇多田ヒカルが一般イタリア人男性と離婚!早くも新しい恋人の噂が持ち上がってる?などの情報をお伝えしました。

突然の離婚報道でざわついている歌手・宇多田ヒカルさんの周辺ですが、新恋人の噂も出てきて益々騒がしくなっています。

元々、熱中し易く飽きっぽい性格なのか、基本的に4年スパーンで人生に大きな節目が出てくるようです。

今後、新恋人とどうなっていくか、またどんな活動を見せてくれるのか目が離せないところです。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ