西城秀樹が急性心不全で急逝!リハビリ支えた嫁や子供は?

Pocket
LINEで送る

昭和の歌謡界を牽引してきた1人である歌手の西城秀樹さんが16日急性心不全で亡くなりました。

2回の脳梗塞を乗り越え、歌手復帰を少しずつ行ってきた中での訃報に周囲や世間も驚き悲しんでいます。

パワフルな歌唱や、気さくな性格で人々を魅了し続けてきた西城秀樹さん。

今回はそんな西城秀樹が急性心不全で急逝!リハビリ支えた嫁や子供は?などの情報お伝えしていきます。

西城秀樹が急性心不全で急逝!

歌手で俳優の西城秀樹さんが63歳と言う若さで16日午後11時頃に急逝しました。

4月にもステージに立っていただけに、この訃報に一様に驚いているようです。

西城さんは4月25日に家族と団らん中に意識混濁となって倒れ、横浜市内の病院へ緊急搬送されました。

約20日間、意識のない中で西城さんは病魔と闘ったのですが、残念ながら意識を戻すことなく亡くなってしまいます。

では、ここで西城秀樹さんのwiki風プロフィールを見ていきます。

名前:西城秀樹(さいじょうひでき)

本名:木本龍雄(きもとたつお)

愛称:ヒデキ

生年月日:1955年4月13日(63歳没)

出身地:広島県広島市東区

血液型:AB型

身長:181cm

体重:69kg

趣味:料理、テニス、ゴルフ、自転車、サーフィン、車、陶芸、写真、スキューバダイビング

特技:中国語、1円玉飛ばし、ドラム

最終学歴:明治大学附属中野高校中退

資格:スキューバダイビングインストラクター

所属事務所:アースコーポレーション

引用元

西城秀樹さんは1972年に「恋する季節」でデビューし、1973年に「情熱の嵐」がオリコンチャートで初のベストテン入りを果たします。

同年、歌手の郷ひろみさん、野口五郎さんと共に「新御三家」と呼ばれ、更なる人気を獲得します。

その後も「傷だらけのローラ」、「激しい恋」、「ヤングマン(YMCA)」など次々と大ヒットを飛ばしました。

更に役者としてドラマ「寺内貫太郎一家」、映画「愛と誠」などに出演し非凡な才能を見せます。

今回の訃報に盟友の郷ひろみさんは次のようにコメントを発表。

同世代としてとても残念です。

僕の中で長男は五郎、次男が秀樹、末っ子が僕でした。

秀樹が先に逝ってしまったこと、とても悲しい気持ちでいっぱいです。

デビュー当時、右も左も判らなかった僕に『ひろみ、何か判らない事があったら俺に聞いてくれ』と親身になってくれたこと、一生忘れません。

心からお悔み申し上げます。

同じく盟友の野口五郎さんは事務所を通じて「あまりにも突然で、今は言葉が見つかりません。気持ちの整理がつくまで少し時間を下さい。申し訳ありません」とショックを隠せずにいたようです。

この訃報にネットではどんな声が上がっているでしょうか。

◇本物のスターだった、ご冥福をお祈りします 

◇病気になってからが大変だったね

◇弔いカレーだね

◇泣いた(´ ; ω ;`) 

◇はやすぎるわ…ご冥福をお祈りします 

◇かっこよかったなあ…寺内貫太郎一家の浪人生長男役が忘れられない 

◇5歳くらいの頃大好きだった。将来お嫁さんになりたいと思ってたくらい大好きだった 

◇アイドル全盛世代の終焉という気がしますわ

◇最近見ないなと思ってたらこんなことに…ご冥福をお祈りいたします

◇全盛期をちびまる子ちゃんでしか知らない……

引用元

西城秀樹のリハビリ支えた嫁や子供は?

西城秀樹さんは2001年に一般人の会社員だった槙原美紀さんと結婚しました。

2人は何と年齢差18歳で、当時西城さんは既に45歳になっていました。

その後、2002年に長女を、2003年には長男を、更に2004年に次男をもうけています。

全員年子になるようで、長女は今年で15歳になるようです。

西城さん曰く家族の存在は闘病や厳しいリハビリをする上で絶対に欠かせない存在だったと言います。

奥さんは常に「焦らずにゆっくり治していこう」と励ましてくれたそうで、子供達はそんな奥さんをそれぞれがサポートしていたようです。

西城さんのリハビリのモチベーションはもう一度舞台に立ちたいと言う事でしたが、それ以上に子供達が成人を迎えるまでは何が何でも生きていようと言う事だったと言います。

2回目の脳梗塞はかなり深刻なもので、右半身は完全に麻痺しており、言語障害まで残っていた事で歌手の道が閉ざされてしまったと一時は自殺も考えたようです。

ですが、家族の献身的な励ましと介護のお陰で2016年、2017年と驚異的な回復を見せてステージに立てるまでに戻ったのです。

残念ながらこうして永遠に眠る時がやってきましたが、その2年間は西城さんにとって至福の時だったかも知れませんね。

まとめ

今回は西城秀樹が急性心不全で急逝!リハビリ支えた嫁や子供は?などの情報お伝えしました。

2回の脳梗塞を乗り越え、ステージに戻ってきた西城秀樹さんでしたが残念なことに5月16日に永眠しました。

昭和の歌謡界においてこれだけの功績を残した人は非常に稀と言えます。

そんな西城秀樹さんのご冥福を心よりお祈り致します。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ